「大江山酒天童子」(1960)

【DVD発売中】

60点60
日本三大伝説の一つ“大江山の鬼退治“をベースにした川口松太郎原作の映画化。源頼光に市川雷蔵、四天王の渡辺綱に勝新太郎、坂田金時に本郷功次郎、碓井貞光に島田竜三、卜部季武に林成年が扮している。酒天童子を反権力の象徴とした視点がユニーク。

あらすじ

平安の末期−−栄華を誇る時の権力者関白太政大臣藤原道長の恐れるものはただ一つ、寵愛する渚の前を悩ます妖怪の襲来だった。道長は都の治安を司る源氏の大将頼光に渚を払い下げ、妖怪から免れた。頼光には渡辺鋼、坂田金時、碓井貞光、卜部季武の四天王に加えて平井保昌、近習の菊王丸がいた。綱の妹こつまと頼光は恋仲だった。渚が頼光の館に来た夜、妖怪茨木童子が現れ、渚は頼光に救われた。その夜、野盗袴垂保輔の一党が池田中納言の館を襲い桂姫を連れ去った。茨木童子に襲われた綱はその片腕を切り取り妖魔の魂を監視したが、伯母に化けた茨木に奪い返された。怒った道長は頼光に野盗、妖怪の討伐を命じ、頼光は首領大江山酒天童子討伐を決意した。今まで大江山に鬼退治に出かけて無事帰ったものはない。兄の失敗を償うこつまが金時と二人山に入った。早速襲ったのは妖術使いの鬼童丸、金時も洞窟に閉じ込めると、こつまを酒天童子の館に導いた。都をしのぐ壮麗さに増してこつまを驚かせたのは、白面の貴公子酒天童子の姿である。頼光に知らせるため金時は山を下りた。淋しく待つ頼光に渚は意外な身の上話をした。大江山酒天童子は渚の夫、妻を手籠めにし、その上館に仕えさせた道長の非道を怒り、野盗の首領になったのである。こつまは戻らず野盗の悪業はつのるばかり。ついに大江山鬼賊征伐の勅令が頼光に下った。翌日、出陣を前にして夫と頼光の戦いを悲しみ渚は自害した。頼光の軍勢が攻め入るのを見下ろす酒天童子に、侍女千春がこつまの危険を知らせた。酒天童子は鬼童丸の手からこつまを救ったが本拠では仲間割れや反目がつづき、袴垂も鬼童丸も倒された。山伏姿に扮した頼光勢の正体を見破ったのは茨木童子、しかし童子も野盗の矢に当り、酒天童子の胸の中で息絶えた。一騎討をのぞむ頼光と酒天童子の間にこつまが分け入り、頼光に童子の潔白を訴えた。頼光から渚が生涯童子を愛して果てたことを聞いた酒天童子は、落日の平原を一人下って行った。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1960年
製作国 日本
配給 大映京都
上映時間 114
チケット 前売りチケットを購入する