「福井青春物語」(2005)

100点100
福井県出身の個性派俳優・津田寛治と同県在住の映画監督・森川陽一郎によるご当地インディーズ映画。スランプに陥った原因が福井に住んでいることにあると思い込んでいる、自主製作映画の若手監督の苦悩と再生のドラマを描く。監督&スタッフ、キャストの深い郷土愛を感じさせる1本だ。

あらすじ

映画監督を夢見る男・津田(津田寛治)は、地元の福井県でこつこつと自主製作映画を撮っていた。そんな中、津田にとって喜ばしいニュースが入る。同じく福井出身で、「ばかのハコ船」「リアリズムの宿」など山下敦弘監督作品常連の有名俳優・山本浩司(山本浩司)が、津田の映画に出演してくれることが決まったのだ。これで映画界から注目を集めたら、一躍メジャー監督となるのも夢じゃないかもしれない! しかしプレッシャーからか、津田はなかなか新作映画の脚本が書けなくなってしまう。さらに、このままずっと福井県に住んでいて、自分は本当にいい映画が撮れるのかという疑問までが、津田の頭に浮かんでくる。やがて、自分の人生のすべてを、さらには福井県に生まれたことさえも、後悔してしまう始末だった。そんな時、津田は夢の中で自分の人生をやり直す。そして津田は、今まで思いもよらなかったあることに気付くのだが……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2005年
製作国 日本
配給 FREDERIC-HANDS
上映時間 53
公開日 2005年10月22日(土)公開
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する