「独立少女紅蓮隊」(2004)

0点--

あらすじ

表向きは歌手やダンサーの養成学校だが、裏の顔は島の独立のために活動する、女戦士の訓練学校、日本列島南端の”ある島”にあるダンススクール「オリオン・ダンサーズ・アカデミー」。教官アベ(津田寛治)らに徹底的に教育された少女たちは、東京で歌手や俳優の仮面を被り、’王国’独立のためにスパイ活動をしている。東京に向かったユキたち4人の少女スパイ(東海林愛美、立花彩野、太田千晶、宮下ともみ)は渋谷のスクランブル交差点の巨大モニターから流れるカリスマ・アイドルCOCOE(R-NA)のミュージッククリップのダンスステップに隠された暗号指令を解読し、つぎつぎと任務を達成する。しかし彼女たちのもとへ、そしてまた島のアカデミーには対抗組織の黒い影がゆっくりと忍び寄る。大都会に残された少女たちはどこへ向かうのか? 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2004年
製作国 日本
配給 ユーロスペース
上映時間 72
チケット 前売りチケットを購入する