「さすらいのトランペット」(1963)

0点--
「嵐を呼ぶ男」のトランペット版といった感じの青春サクセス・ストーリー。トランペッター、明島秀夫は、敏腕プロモーター、矢崎竜二の力でスターになるが、作られた人気に嫌気がさし、一時トランペットを捨てる。北国で修行をする彼は、村祭りの太鼓を聞いて新たな音楽に目覚め、単身再起した。しかし、落ち目の矢崎は彼を逆恨みする。

あらすじ

ヤザキプロの看板スターで若いトランペット奏者の明島秀夫は、急激な抬頭ぶりでマスコミの寵児と騒がれていた。この裏には、プロの社長矢崎の札ビラを撒きながらの精悍な売り込みがあった。そんな矢崎のやり方に秀夫は反撥していたが、ヤクザから助けた花売り娘との仲を疑われて、ついにプロを飛び出した。東京を離れ秀夫は静かな北国の寺で汗を流しながら真の人間の生活を見出そうとした。そんな秀夫にもう一度ペットを握ってもらいたいと励ますのは和尚の姪、喜代子だった。矢崎の妹真弓から届いたレコードを手にすることもない秀夫だったが、村の祭に若者たちの叩く太鼓がドラムのテンポを感じさせた。ハッとなった秀夫は、大衆の創り上げたこの音こそ求めていたものと再び東京に出る決心がついた。上京した秀夫は矢崎の所には行かず、大衆酒場や歌声喫茶でトランペットを吹きならしていた。これを耳にした真弓は秀夫の真意を察し、リサイタルの企画を進めることにした。その頃、秀夫は同業者にリンチを加えられようとしていた矢崎を救ったが、そのために指を怪我してしまった。リサイタル出演が危ぶまれた。一方、矢崎はかつての売り込み屋の名声も地に落ちて酒に走り、毎夜泥酔しては秀夫をのろいつづけた。今夜も街を行く矢崎の耳に、突然冴えたペットの音、それは秀夫のペットだった。かけつけたリサイタル会場は秀夫の熱気を感じて静まりかえっていた。呆然と立ちつくす矢崎、秀夫の指の白い包帯がまぶしかった。やがて、悄然と去ろうとした矢崎を引き止めたのは真弓と秀夫の暖かい手だった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1963年
製作国 日本
配給 日活
チケット 前売りチケットを購入する