「俺は銀座の騎兵隊」(1960)

0点--

あらすじ

銀座八丁にはいろいろな人間がいる−−倉田刑事の目をかすめながら稼ぐスリで靴みがきの良坊やリチャード、バー・レピートのボーイ守山らのハイティーン、ハクライ品を売るお春など。ある日突然、不思議な少年千島三郎が現われた。賭け事はめっぽう強くその雷パンチで喧嘩も得意。花売娘の久子や良坊たちは川端のオンボロバスに住んでいた。ある日、みんなの留守中に木村公司の神山と子分がバスをメチャメチャにした。バスは遊覧船の船着場建設に邪魔だった。三郎は仲間を一泊一万五千円の豪華ホテルに案内し、ドンチャン騒ぎをはじめた。木村公司に社長の木村、神山、外国人のマックレーンが集った。彼等は遊覧船上で秘密売春や、麻薬密売をたくらんだ。マックは神山に麻薬取引の暗号ネガ保管を命じた。三郎たちはバスの修理のため靴みがきに精を出した。ある日、良坊は地下鉄で木村の事務員水原ユミ子の鞄から封筒をスリ取った。中味は暗号ネガだった。神山は三郎が持っているのをかぎつけた。三郎はネガと交換に駿馬と住宅をくれと神山にいった。ユミ子は三郎と会った。お互に好きになった。ユミ子はニセのネガを持って警察に行った。木村がユミ子を誘拐した。三郎はホンモノとユミ子を交換することにした。木村、神山らと三郎たちは高速道路で対決した。神山は三郎の車に爆薬を仕かけた。しかし、お春たちの機転でそれは神山らの車で爆発した。かけつけた警官たちに一味は捕まり、ユミ子も無事だった。馬も家も手に入らなかった。が、倉田刑事が一日だけ三郎に馬を貸してくれた。三郎はユミ子を乗せて銀座の柳の下を意気揚々と歩いた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1960年
製作国 日本
チケット 前売りチケットを購入する