「姿なき追跡者」(1962)

0点--
復讐に燃える男の正体探しをメインにした、アクション作品。秋津組の跡目相続人、黒住俊道が殺された。ボスの秋津は残った幹部に、黒住の弟・健次を相続人とし、彼が必ず復讐に来ると遺言して死ぬ。まもなく、秋津組の縄張りに、ニセ刑事の島亮太郎と殺し屋の吾郎が現れる。幹部たちは、二人のどちらかが健次に違いないとにらむのだが……。

あらすじ

秋津組には大幹部が六人いたが、跡目相続人の黒住後道が惨殺されたのは、ボスの秋津が病死する数日前だった。秋津は五人を呼んで、俊道にかわる相続人は俊道の弟健次で、兄の復讐をしてから必ず来るだろうと遺言した。健次が現れるまで大幹部の間大作が組長代理で、縄張りと組の財産である時価二千万円の生阿片を管理し、大作と対立する幹部の階堂は、キャバレー“ドミニカ”を経営することになった。葬儀の日、二人の妙な男が舞いこんだ。ニセ刑事島亮太郎と拳銃使い吾郎だったが、大作は身元の判らぬ吾郎を用心棒にはしなかった。その夜、ドヤ街でまた会った二人は、狙いは同じ生阿片を奪うことだと知り意気投合した。健次から初めて電話がかかったのは、大作と階堂が、生阿片の処置で激論をかわしている最中だった。翌日、約束の奥多摩の小屋に健次を暗殺しに向った石井達は、逆にダイナマイトを仕掛けられて木ッ端微塵になった。吾郎は、健次を殺してやるからと用心棒になりすました。二回目の電話がかかり、乾分はまた減った。大作は健次と亮太郎は同一人物と推定、亮太郎を消せと命じた。それを知って俊道の妹亜紀は彼をアパートへ匿った。亮太郎は自分が健次でないことを説明して外に出ると、階堂一味に肩を射抜かれて失神したが、吾郎に助けられた。三回目の電話で大作が約束を拒絶したため、一人娘理恵は亮太郎の与えたチョコレートで殺されそうになった。卑劣で残虐な階堂のやり方に、亮太郎は憤怒に燃えた。その夜倉庫の壁に隠してあった生阿片が奪われた。亜紀のアパートに行くと彼女は階堂に誘拐された後で、意外にも生阿片を持った吾郎がいた。彼が健次だったのだ。階堂と鉄は、健次の復讐の弾丸に倒れた。健次は亮太郎に拳銃を向けた。「殺人犯として逮捕する」、亮太郎は刑事だったのだ。月下の渚で格闘する二人だが、機をみて拳銃を構えた健次に、亮太郎も観念した。その時銃声が響き健次は倒れた。亜紀の号泣が流れた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1962年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 81
チケット 前売りチケットを購入する