「旅の途中で・FARDA」(2002)

0点--
邦人ビジネスマンがイランの旅を通じて自らを見つめ直していく姿を端正に描写。イランの巨匠、アッバス・キアロスタミが監修を務め、現代イランの日常がリアルに映し出される点も注目だ。

あらすじ

仕事に忙殺される毎日を送るエリートサラリーマン井沢は、深刻な不況の影響で、彼を信頼していた村田が経営する町工場も、切り捨てざるを得なくなる。そして、程なくしてその町工場は倒産した。それでも日々の仕事に追われる井沢のもとに、村田の訃報が届く。倒産の際、強制送還された出稼ぎイラン人メティへの給与未払いを悔いる村田の日記を読んだ井沢は、何かに触発されてイランに旅立つことを決意する。メティににもう一度会うために……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2002年
製作国 日本=イラン
配給 日活=バップ=衛星劇場=「旅の途中で−FARDA−」製作委員会=BEHINEGAR PRODUCTION DISTORIBUTION=中山映画
上映時間 106
公開日 2002年10月12日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する