「サラリーマン悪党術」(1968)

0点--
元学生運動闘士の伊達は広告会社に勤務しているが、出世の道も望めぬ身。妻もすでに彼への期待を捨てている。そんな伊達の楽しみといえば、大阪出張の折に出張費を浮かして支社の里美に会うこと。ところが、里美が伊達夫婦の隣室に引っ越してきて……。風刺喜劇に異彩を放つ須川監督のサラリーマン・コメディ。

あらすじ

かつて学生運動の闘士だった伊達は、いま広告会社に勤めているものの、出世も望めない立場にあった。妻の友子はそんな伊達に対する期待を捨て、自らコピーライターの仕事をやってマイホームの実現を夢みていた。そんな伊達にも、大阪出張の機会を利用して会っている支社の里美と会う愉しみがあった。出張費を浮かしたり、インチキマージャンでその資金を作っていたのだ。ところが関西地区の調査票を運ぶ伊達の仕事が電子計算機の出現で中止になってしまったのだ。伊達は営業に回り、新入社員野尻とコンビを組むことになった。そして、大阪の里美を東京に呼ぶべく、ノミ屋を開業して資金作りを計画したが失敗し、友子の預金を引き出して里美にアパートを与えた。そんな時に、伊達は八木沢製薬のコマーシャルの仕事を掴み、八木沢社長の愛人小まりにサービスしたために、小まりに惚れられてしまった。そんなわけで、伊達は三人の女を持って忙しくなった。しかし、やがて伊達自身の身体がもたなくなり、「夫婦生活禁止」のニセ診断書を見せて危機を乗り切った。ところが、里美がいつの間にか野尻と親しくなり、その上、伊達夫婦の隣室に引っ越して来たのだ。当然、里美と小まりのことが友子に知られるようになってしまった。弱った伊達は、女二人と手を切ると友子に誓ったが、里美はすでに野尻と結婚するまでになっていたのだった。折りも折り、伊達は本当に病気になり、入院するはめになった。友子はそんな伊達に安心していたが、ベッドの上の伊達は、もう看護婦を口説き始めていた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1968年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 89
チケット 前売りチケットを購入する