「修羅の群れ〈2001年〉」(2001)

0点--
'84年の松方弘樹主演「修羅の群れ」を、松方以外のキャストを一新して撮り上げた任侠映画。ひとりの若衆が関東一帯を牛耳る巨大組織の頭へと上り詰めていく激動の半生を描く。

あらすじ

昭和7年。川崎に縄張りを持つ加東伝三郎親分に見込まれ博徒の世界に入った稲原龍二は、兄貴分の横山新二郎から博徒としての生き方を叩き込まれ、関山組との抗争、東海道一の親分・鶴岡政二郎との出会いなどを経て、めきめきとその頭角を表わしていった。そして敗戦後には、モロッコの辰、井沢輝一を初めとする愚連隊たちをも傘下に収め、昭和24年、熱海の山崎屋一家の跡目を継ぎ、晴れて縄張り持ちの身になるのであった。当時の熱海では、戦勝国民となった外国人グループが暴れ回っていたが、稲原とその子分たちの命を張った活躍によってその問題も解決。これによって稲原は、一般市民の信頼をも得ることとなる。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2001年
製作国 日本
配給 ミュージアム
上映時間 130
公開日 2002年2月16日(土)公開
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する