「黒木太郎の愛と冒険」(1977)

80点80
気弱なくせに冒険好きでおせっかいな42歳の映画スタントマン、黒木太郎を主人公に、東京の片隅に生きる庶民群像の姿を力強く描いた秀作。都会の裏のゴミゴミした風景、風物のシーンにリアリティーがあり、極貧の夫婦の岡本喜八、杉本美樹が印象的。

あらすじ

かつては優等生であった定時制高校五年生の伊藤銃一は、他人の足をひっぱることしか考えていないクラスメートを、学校を腹の底から軽蔑し呪っている。銃一には二人の親友がいた。小学校からの友人の公一。もう一人は大学生の勉であった。銃一は学校をサボり、バキュームの仕事をしていた時、ゴメさんと知りあう。そして、ゴメさんの世話で大人のオモチャ屋をしている菊松の家に下宿させてもらっていた。ゴメさんは、黒木太郎の世話でバクチの負け金の取り立てをやっていた。モンキーに似ていることから文句さんと銃一たちが呼んでる黒木太郎は、勉の叔父にあたり、映画のスタントマンをしており多趣味で、たいへんな凝りしょうであった。文句さんのおくさんは、元女優でたいへんな美人であり、また、勉の母親はたいへんな肝ッ玉お母さんで、勉との仲もたいへん良かった。銃一は、万事につけてあけっぴろげのこの家族を、この街を愛していた。彼の夢は、文句さんの奥さんのカムバック映画を作ることであったが、仲々実現できなかった。そんなある時、ゴメさんが死亡。文句さんと銃一の二人は、遺骨を娘さんの吹雪にとどけるのであった。吹雪の家はひどい貧乏で、やっかいな女教師が下宿していた。この下宿人を追い出すのにひと役かった銃一は、その間に彼をたずねて来た父親に会えなかった。そして父親は、手配師や労務者たちにバカにされ、墓地で切腹。そんな父に別れをつげた銃一は、勉の従妹・和美が不良グループと遊びまわっている間にヤクザにひっかかり、ソープランドに売られようとしているという事件が起きていることを知り、文句さんと共に、銃一、公一、勉がヤクザの所にのりこむのであった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1977年
製作国 日本
配給 ATG=馬道プロ
上映時間 110
チケット 前売りチケットを購入する