「海峡、血に染めて」(1961)

0点--
現職海上保安官の体験談をもとにした痛快海洋アクション。和田浩治のアクションもこの頃になると、さすがにサマになってきた。鈴木清順も彼の成長に合わせて、初期のコミック・アクションから、この作品のような本格的アクションに、徐々に取り組むようになった。

あらすじ

海上保安大学学生船越洋介は実習生として、生まれ故郷対馬に派遣される連絡船上で、恋人の後を追って対馬に向うひろみという女と知り合った。下船の際、昔洋介の家で働いていたトラから荷物を頼まれた洋介は、中身が闇軍票と知って驚いた。洋介の家では彼の帰りを知って、幼馴染のツギなどが集って洋介の帰りを喜んで待っていた。だが兄克巳だけは何故か暗い表情だった。翌日から巡視艇“いそかぜ”に配属を命じられた洋介は、足立艇長とキャバレー“ヒスイ”に出かけ、克巳がうさんくさい玄洋丸の船員藤井たちと一緒にいるのを見て、不安を感じた。そのキャバレーこそ、密輸の連絡場所として保安部から睨まれていたからである。その夜、克巳はひろみに「弟さんは保安官よ。足を洗ったら……」といわれ、苦悶の表情をうかべた。数日後、洋介は幼馴染の海女ツギと実家に帰り、母と会った。そのころ、“ヒスイ”ではひろみに横恋慕している藤井と克巳が睨み合っていた。まもなく、“いそかぜ”は巡視中に怪しい海竜丸を発見、直ちに追跡したが、その船上に兄克巳の姿を見て洋介は愕然とした。海竜丸は0ラインに逃げ込んでしまった。翌朝、洋介はツギから藤井たちが密航者のあっせんをしていると聞き、密航者を装って乗りこむことを決心するとともに、ツギに保安部への連絡を頼んだ。しかし、洋介は藤井に捕えられた。克巳は自分の行為を悔い、藤井に弟を助けてくれと懇願するが、藤井はその代償としてひろみを要求するのだった。そのころ、ツギの報らせで、“いそかぜ”は全速力で現場に向っていた。海竜丸の甲板で洋介兄弟と藤井一味の死闘が続き、克巳の働きで藤井一味は自滅した。翌朝、自首を決意した克巳を見送るひろみと、洋介のたくましい姿が見られた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1961年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 84
チケット 前売りチケットを購入する