「喜劇 男の腕だめし」(1949)

0点--
戦後のミナト横浜、とあるストリップ小屋。ついつい特出しが過ぎるこの店を取り締まるべく、若い警官・湯原昌幸がやってくる。ところがこの警官、実は店のオヤジの実の息子だということがわかって……。松竹プログラム・ピクチャーの大笑いできる快作。

あらすじ

相模拘置所前−−。公然ワイセツ罪で拘置所へ入れられていたストリッパーのお駒をストリップ劇場の“春風ミュージック”の小屋主の庄助が出迎えた。早速、仮釈放のお駒を連れて警察に挨拶に出かけた庄助は転任したばかりの若い新米刑事小原松太に会った。だがこの二人、出逢いから気が合わない。松太の父は警官だったが殉職し、そのため松太は父親以上に立派な警官になろうと夜間大学に通っていた。松太には夜間大学で事務をしている冴子という恋人がいるが、彼は副収入を得るために自分のアパートを友人の情事の場所として貸しているので、二人のデートは外ばかり。当然二人は欲求不満になり、その反動のためか松太は、庄助のストリップ小屋の手入れに熱心だ。そんなある日、庄助は、松太の働き振りを見に田舎から出てきた母親トミと会って驚いた。トミは庄助の初恋の人で、さらに松太は自分の息子だというのである。折りも折り、サリー、メリー、深雪太夫という三人のストリッパーたちのヒモとして、うまく立回っていた庄助だが、三人のスケジュールが狂い巡業先から帰って来てしまって全員鉢合せ。大騒ぎの末、三人は庄助に連判状を叩きつけて出て行ってしまった。一方、煮えきらない松太は冴子に振られ、その上、庄肋が本当の父親であることをお駒から聞かされ、松太も庄助同様ダブルショック。庄助は松太のために小屋を閉鎖して堅気になると言い出し、松太は警官を辞め庄助の小屋を手伝うと言い出した。だが、松太が庄助の子供でない事が古い写真から判明され、松太は警官に逆戻り。数日後、たび重なるストリッパー逮捕で文なしになった庄助を救おうと、お駒は商売仇の“明星ミュージック”の野原と契約して、その契約金を庄助に渡した。そして、派手な特出を演じたお駒はまた公然ワイセツ罪で逮捕された。粉雪の降る中を警官に連れて行かれるお駒に、庄助は番傘をサッと差し出した……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1949年
製作国 日本
配給 松竹
チケット 前売りチケットを購入する