「硝子のジョニー・野獣のように見えて」(1962)

【DVD発売中】

75点75
蔵原惟繕監督と山田信夫脚本のコンビによる日活アクションの類型をはずれた異色作。北海道の北端・稚内の昆布採りの娘・みふねは、貧しさのため人買いの秋本に売られるが、途中で逃げ出し見知らぬ男・ジョーに救われる。秋本・みふね・ジョーの3人は運命の糸に結ばれ、やがてみふねの故郷・稚内で巡り会うことになるが……。この作品は公開当時、白痴のヒロインをめぐる二人の男という人物設定の類似からフェデリコ・フェリーニの「道」(1954)の模倣とみなされていたが、心ある映画ファンならこの映画の真意をくみ取ることができるはず。主演の3人はいずれも好演だが、特に白痴のヒロインに扮する芦川いづみが素晴らしい存在感を示した。

あらすじ

さいはての北海道、稚内の昆布採りの娘みふねは貧しいため、人買いの秋本に売られたが、酌婦を嫌って逃げ出した。見知らぬ男−−ジョーが汽車賃を払ってくれた。彼は競輪の予想屋で、惚れぬいた若い選手の宏と函館へ向う途中だった。函館の競輪場でみふねはジョーとめぐり逢い、宿屋までついてきた。風呂から出た彼女は見ちがえるほど美しい。けもののように襲いかかったジョーは、女の眼にあふれる涙を見て思わず突き放した。純真なみふねはそれ以来、ジョーから離れようとしない。優勝したことのない宏は調子のいい自転車が欲しいといった。仲間が五万円で譲ってやるというのだ。ジョーは顔馴染の飲み屋のマダム由美に借金を申し込んだが、競輪をやめて昔の板前に戻れと意見された。そんなとき、みふねを追ってきた秋本と殴り合いの大ゲンカをした。翌日、ジョーはみふねをチャブ屋のおきく婆に三万円で売り飛ばし、由美からも二万円とって宏と汽車に乗った。人のいない競輪場で、欺されたと知らぬみふねがジョーを待っていると、秋本に捕まった。一方、宏はジョーが眠っている隙に、情婦の和子と汽車を降りてしまった。計画的にジョーを裏切ったのだ。秋本は函館駅でかねて恨みを抱く男に肩を刺され、病院に運ばれた。みふねは優しく看護した。人身売買で退院と同時に刑務所へ送られる身の秋本は、自分を捨てた妻の消息を聞いて病院を脱走した。ひとり残されたみふねは、苦労を重ねてようやく稚内へ辿りついたが、母や妹たちはどこへ行ったか判らない。奇しくも、ジョーと秋本がこの土地へやってきた。この浜はむかし、ある詩人が「ガラスのジョニー」の唄をみふねに教え、海に身を投げた場所である。心の中のジョニーを求めてみふねが海に入ったとき、ジョーが救った。「もう放さねえ。俺にはお前がいるんだ」とジョーは叫んだ。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1962年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 108
チケット 前売りチケットを購入する