「実録・北海道やくざ戦争/逆縁」(2001)

35点35
戦後の北海道における極道史の一端を映画化した任侠映画。故郷の札幌に舞い戻った片岡が、ススキノ一帯を縄張りにしている実力者、三原の舎弟になる。片岡は愚連隊を次々と駆逐して三原の札幌制圧に貢献。しかし北海道に巨大勢力を築いた穂高一家が、三原一派への抗争を仕掛けてくる。

あらすじ

昭和20年、冬。米軍の厚木キャンプで働きながら、ボクサーとしても一目置かれていたジャックこと片岡壮二。故郷の札幌へ戻り、薄野のボディガードを名乗る三原鉄次の舎弟となった彼は、持ち前の腕力と男気を発揮して愚連隊やチンピラを制圧、札幌一帯を牛耳るようになる。ところが、それが北海道やくざの頂点に君臨する穂高一家総長・穂高龍王の知るところとなり、抗争が勃発。三原一派は壊滅の危機に瀕してしまう。そこで、壮二はたったひとりで穂高組に乗り込むと総長相手に事態を収め、それを機に総長と親子の盃を交わし、2年間の修行の後、薄野に片岡組の看板を掲げることを許される。ところが、愚連隊上がりの壮二の躍進を面白く思わない連中が、彼の精神的支柱である鉄次を暗殺。その裏に、穂高組代貸・名波の存在があるのを掴んだ壮二は、総長に逆破門状を突きつけると、自身の信じる男道を歩むことを決心する。だが、それは長い北海道戦争の始まりでもあった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2001年
製作国 日本
配給 コンセプト=「逆縁」映画製作委員会
上映時間 90
公開日 2001年9月8日(土)公開
チケット 前売りチケットを購入する