「That’sカンニング! 史上最大の作戦?」(1996)

【DVD発売中】

53点53
安室奈美恵とTOKIOの山口達也共演で贈る学園コメディ。学生寮の存続をかけて、落ちこぼれ学生たちがカンニング攻防戦を繰り広げる。名門・日本理科大学の学生寮シグマハウスの住人は、木村見次以外はみな落ちこぼればかり。当然試験もカンニングでクリアしていたが、寮生の一人・亀井のカンニングがばれ、次回の試験で寮生たちが良い成績を取れなかったら寮は閉鎖するという決定が下される。だがこれは、寮を壊しその跡地にホテルを建設しようとする右田教授の陰謀だと分かり、寮生たちはコンピュータ・ハッキング、ビデオ、超小型カメラなどハイテクを駆使したカンニングで試験に挑む。

あらすじ

日本理科大学の教室では、有機化学の試験が実施されていた。今どきの女子大生・森下由美や学生寮シグマハウスの男子学生たちは、様々な手口のカンニングでそれに臨む。だが、亀井のカンニングが右田教授にバレてしまい、亀井は無期停学処分となった。シグマハウスを潰してそこにホテルを建設しようともくろんでいる右田は、その事件をきっかけに学生寮廃止論を教授会に訴える。その結果、寮の存続は学生たちの次の試験の成績次第ということになってしまった。寮の危機に、学生たちは猛勉強で試験に臨もうとするが、しょせんはつけ焼き刃。そこで、シグマハウス唯一の真面目学生で、みんなのまとめ役の木村見次は、試験にカンニングで臨むことを提案する。一方、右田に取り入って何か情報を得ようとしていた由美は、右田が鯰田教授の論文を盗んで学会に発表しようとしていることを掴んでいた。試験当日、由美の活躍で問題を事前に得ていたシグマハウスの面々は、鯰田教授の助手・的中の手も借りて、突拍子もない一大カンニング作戦で試験をこなしていった。しかし、最後の有機化学の試験に出された問題は、由美の情報とは全く別のものだった。もはやこれまでかと思った瞬間、学生たちは鯰田教授の発明した太陽フレアに反応する特殊液体で難を逃れた。その後、右田の悪巧みが露見して、寮は存続されることになったが、同時に学生たちのカンニングもバレてしまい、彼らの留年も決まる。由美だけは保母になるという夢をかなえるために大学を中退し、高校時代から胸に秘めていた見次への気持ちを告白するのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1996年
製作国 日本
上映時間 99
チケット 前売りチケットを購入する