「スクラップ・へブン」(2005)

【DVD発売中】

63点63
『69 sixty nine』の俊英、李相日監督が、オダギリジョー、加瀬亮、栗山千明という旬のキャストを迎えて贈る青春ドラマ。バスジャック事件に居合わせてしまった3人の男女が、社会から孤立しながら暴走していく姿を描き出す。リアルな切迫感とシニカルなユーモアを両立させた演出が秀逸。

あらすじ

“正義の味方”を夢見て警官になった粕谷シンゴ(加瀬亮)は、事務処理ばかりのデスクワークにうんざりした毎日を送っている。そんなある日、たまたま乗った路線バスがバスジャックされてしまう。乗客はシンゴを含め、若い男とサングラスをかけた女の3人だけ。憧れていた完璧なシチュエーション! …のはずなのに、シンゴはバスジャック犯に手も足も出ない。犯人の発砲に若い男が倒れ、女の片目から義眼が転がってゆく。そして犯人は、自ら銃身をくわえて自殺した。それから3ヶ月後、シンゴはバスで撃たれた若い男・テツ(オダギリ ジョー)に、偶然再会する。テツに向かって日ごろのうっぷんを「クソだろ?」とぶちまけるシンゴ。すると、「想像力が足んねえんだよ」と、テツが言う。「それそれ! 想像力があれば、俺も世の中ももうちょっとマシになっているはずだと思うんだ」と、身を乗り出すシンゴ。テツが“クソを洗い流そう”とシンゴを誘い出したのは、とある公衆便所だった。「クソどもに想像力を植えつけてやろう」と、テツが提案したのは、復讐の代行業というゲームだった。ルールは簡単。依頼者は身分を明らかに。もちろん他言無用。連絡は、主にトイレの落書き。医療ミスを隠蔽する医者、子供を虐待するヤンママ…。次々に舞い込む「復讐依頼」に忙殺され、のめりこんでゆくシンゴ。そんな折り、「今度こそ、助けてもらえるんですよね」と電話してきたのは、バスに乗り合わせた義眼の女・サキ(栗山千明)だった。あの事件のときに何もできなかった負い目から、シンゴはたびたび彼女の勤め先に出向いていたが、いつもすげなく追い返されていた。サキのSOSは、親からの縁談話をかわすために恋人のふりをしてほしい、というもの。何とか無事に役目を果たしたシンゴ。そしてなしくずし的に、ふたりは関係をもつ。薬剤師のサキが自室で爆薬を精製していることを、シンゴはまだ知らない。シンゴは警察の仕事にますますやる気をなくし、周囲にも疎まれて居場所を失ってゆく。一方、精神を病んで入院していたテツの父親が、自殺する。シンゴとテツのゲームはますます加熱していく。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2005年
製作国 日本
配給 オフィス・シロウズ=シネカノン
上映時間 117
公開日 2005年10月8日(土)公開
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する