「四畳半襖の裏張り」(1973)

83点83
永井荷風の作といわれる『四畳半襖の下張り』を神代辰巳が監督した日活ロマンポルノ。密室で展開する男女の色ごとにカメラを据えながら、そこから大正という“時代“を浮かび上がらせようとした。その点では密室でセックスを繰り広げる男女から、戦争に突入していく昭和の時代を照射した、田中登の「実録阿部定」や大島渚の「愛のコリーダ」との類似点を見いだすことも可能だ。ストーリーは、芸者・袖子とその客・信介の情事、花枝と花丸の主従、芸者・夕子とシベリア出兵を控えた恋人との情事の3本が、並行に描かれている。大正時代の風俗描写も的確。

あらすじ

日本全国で米騒動が頻発する大正中期、東京・山の手の花街の夏。料亭“梅ヶ枝”では、おかみが芸者・袖子を待ちかねていた。客の信介は、三十歳半ばのちょっとした役者風のいい男で、世の中は米騒動で騒々しい最中なのに遊びに興じようという根っからの遊び人である。座敷に通された信介は、袖子の恥かしそうな仕草がもどかしい。信介が上になって布団をはがそうとすると「初めてですもの、恥かしい」と電気スタンドの明りを暗くする袖子……。外では号外の音が鳴り、騒がしい。置家、“花の家”では、芸者の花枝と花丸がすっかり仕度を整え、あてのない客を待っていた。一方、信介の動きがだんだん激しくなるが、袖子は半分お義理である。そのうち信介が横になると袖子も仕方なしに横になる。やがて、袖子の鼻息も次第に荒くなり、夜具は乱れ、枕はきしみ、伊達巻も徐々に乱れてくる。そして、信介の動きにつれて、袖子はもう気が遠くなりかけていた。袖子は初めの様子とはうって変り、次第に激しさも加わり、枕がはずれても直そうとせず身悶えるのだった。そんな袖子の乱れる反応を、信介は反り身になって見つめていた。やがて、信介は袖子の様子を見ながら、じっと辛棒していたが、袖子が「あれ! どうぞ」と髪が乱れるのにもかまわず泣きじゃくるのにとうとう我慢ができなくなり、袖子におおいかぶさっていった……。そして、二人は一息入れた後、二度、三度と頂点を極めるのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1973年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 72
映倫 R15+
チケット 前売りチケットを購入する