「丹下左膳 こけ猿の壺」(1954)

0点--
林不忘の原作を衣笠貞之助が脚色し、彼の愛弟子の三隅研次が第一回作品として監督した。戦前の山中貞雄の名作のリメイクだが、大河内伝次郎に往年の冴えはなく、苦しい作品となった。

あらすじ

二万三千石の小藩柳生対馬守に、日光廟修覆の大任が下り、その費用の対策に、巨額の秘宝の隠し場所を示してある家宝こけ猿の茶壷を探すことにした。だがその壷は、対馬守の弟源三郎がたずさえて江戸に向っていたので、直ちに急使が立った。この秘密を嗅ぎつけた女賊軽業のお島は、遊び人鼓の与吉と語らって、茶壷を盗んだが、それを預けた硯売りの少年チョビ安にとられてしまった。チョビ安は、父子になることを誓い合った丹下左膳とそれを保管した。だがお島は、司馬道場の門弟上村平馬たちと共に、策略で再び壷を取り返した。道場では病気の当主十万齋が、枕頭に娘萩乃、高弟峰丹波を呼んで、未来の婿の源三郎に逢いたがっていたが、丹波は萩乃に横恋慕し司馬道場を乗取ろうと企らんでいた。折しもこけ猿の壷を見せられた丹波は、よからぬ計画を考えたが、忽然と現われた左膳に悠々と壷をさらわれてしまった。しかし左膳が源三郎と争っている間に、壷は蒲生泰軒に取られてしまった。丹波は十方齋の死後、司馬家の実権を握り、萩乃を一歩も外へ出さなかったが、女中お篠の手引きで脱出し、左膳に救われた。しかし左膳の留守に与吉は萩乃をおびき出したが、今度は泰軒が彼女を救った。泰軒は壷を柳生家へとゞける様に暗示して去ったが、これをめぐって丹波一味と左膳たちの争いは激しかった。左膳に心を寄せ、協力したお島は司馬道場の者に斬られた。源三郎が丹波一味と乱闘する道場へ駆けつけた丹下左膳、愛刀濡れ燕をさっと抜き放って丹波一味を斬り倒すのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1954年
製作国 日本
上映時間 87
チケット 前売りチケットを購入する