「いのちの海・Closed Ward」(2000)

0点--
心に深い傷を持つ少女が精神病患者たちの励ましにより自己を取り戻していく姿を、病人が起こした殺人事件の背後にあった真実と共に描く。主演に抜擢された上良早紀の瑞々しい演技が光る。

あらすじ

佐賀地方裁判所。ある殺人事件の裁判で、島崎由紀という少女が証人席に立った。被告人・秀丸によって人生を救われたと述べる由紀。そんな彼女を傍聴席から見守るチュウさんは、1年前の事件を想い出す。有明海に面している精神病院かささぎ病院には、様々な病や過去を背負った人たちが入院している。母親殺しで極刑を言い渡されたものの死刑執行が失敗し生き残ったてんかんの秀丸、言葉は不自由だが写真の才能に長けた昭八、覚醒剤による重度の幻覚妄想状態の元ヤクザ・重宗、幻聴に悩むブラームスおたくのチュウさんもそのひとり。そして、そんな患者たちに混じって中学不登校の通院患者・由紀の姿があった。彼女は、継父からの性的虐待、妊娠、堕胎という辛い過去から人生に絶望していた。しかし、秀丸やチュウさんたちとの交流の中で、次第に心癒えていく由紀。ところがある日、彼女は重宗に蹂躙されてしまう。そのことを昭八の撮影した写真で知った秀丸は、立ち直りかけていた由紀を救う為、重宗の暴力から他の患者を守る為に、夜中に重宗を海辺に呼び出し、その胸にナイフを突き立てたのだ。証言を終えた由紀とチュウさんは、裁判所を後にする。秀丸は罪に問われることはないだろう。そして、秀丸のお陰で立ち直り、昼間は産婦人科で働きながら夜間の看護学校に通っていると言う由紀の顔にも、笑顔が戻っていた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2000年
製作国 日本
配給 イーハーフィルムズ
上映時間 103
公開日 2001年4月7日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する