「斬り込み」(1995)

0点--
任侠のヤクザとして鳴らした父と幼い頃に死に別れ、鳶頭の仙吉に育てられた石神新三。若い頃は背中に不動明王の刺青を彫る暴れ者だった彼も、今は皆に慕われる堅気の鳶職人だ。喧嘩はしないと誓った彼だが、ずっと思いを寄せてきた幼なじみの藤川夕子の家を暴力団が乗っ取ろうとするのを見て、怒りと正義が爆発。彼らの情け容赦ない非道なやり口に、任侠の血をたぎらせる。町の人々が心ならずも追い詰められ募らせていく行き場のない憤り、新三の我慢の限界を超えた怒りと意地を、現代的感性でリアルに描く任侠アクション。

あらすじ

東京・深川。幼い頃、任侠ヤクザの父を抗争で亡くした石神新三は、父の親友・辰巳仙吉にひきとられ、今は小頭として、若いトビ職人や町の人から慕われていた。そんな彼が住む長屋の地主・藤川正明が、ある日株の投資に失敗し、多額の負債を抱えてしまう。ところが、その裏には東京進出を狙う関西の暴力団・阿久津組が動いていた。正明は長屋を含めた自分の土地の権利書を阿久津に奪われ自殺する。しかし、残された彼の妻・夕子は老舗の木材店や家屋敷、そして長年面倒をみてきた長屋の住民のために、阿久津たちの地上げ行為に一人抵抗を試みるのであった。そんな彼女にずっと憧れを抱いていた新三は、なんとか彼女を助けたいと思うのだが、喧嘩っ早い自分を押さえるために、不動明王の刺青を背中に彫った時の誓いを破るわけにはいかなかった。ところが彼の前に、仙吉の実子で昔家出をしてヤクザ者になってしまった祐吉が現れた。彼はこの一件の刺客として阿久津によって送り込まれたのだ。幼い頃、なにかとつるんでは町で喧嘩をしていた新三と祐吉。しかし、仙吉の新三に対する態度に嫉妬した祐吉は、二人を恨みつつ町を出たのであった。そして今、彼は長年の恨みを晴らそうと、阿久津の申し出を受けてやって来た。新三を挑発する祐吉と、それを避けようとする新三。だが、この抗争に終止符を打つため自分の土地の権利書と夕子のそれとを交換しに行った仙吉が刺されてしまったことで、遂に新三の我慢が限界に達する。新三は父親が残した長刀を握ると、単身阿久津の事務所に乗り込んで行く。ところが、その途中に祐吉がいた。二人でよく喧嘩したことを想い出した祐吉は阿久津を裏切り、新三と共に斬り込みをかけることにする。二人は死闘を繰り広げた末、阿久津を倒すことに成功する。しかし、既に次の瞬間には二人の決着を着ける戦いが始まろうとしていたのだ。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1995年
製作国 日本
配給 イメージファクトリー・アイエム
上映時間 105
チケット 前売りチケットを購入する