「鳶〈とび〉がクルリと」(2005)

【DVD発売中】

57点57
相容れないはずの存在であるエリートOLと鳶職人が、共に超難関建築プロジェクトに挑む。OL役に『ナースのお仕事』のコミカルな演技も好評の観月ありさ。対する鳶職人には『ゼブラーマン』の哀川翔。初共演となるふたりが絶妙な掛け合いを見せ、衝突しながらも助け合う様が実に楽しい。

あらすじ

キッズ関連の商品を扱う大企業“G&B社”の企画開発課に勤めるエリートOL・中野貴奈子は、夢をかけたプロジェクトのプレゼンに敗退してしまい、会社の文化的側面をアピールする為の“サテライトビル移転準備室”へ異動を命じられる。そこで彼女が担当するのは、ドイツ人アーティスト、ブリック・マイヤーのデザインした巨大モニュメントの設置。この仕事が成功すれば、チーフ待遇で元の部署に戻れるとあって、俄然張り切る貴奈子であった――が、たった14日間の工期と難しい作業に、請け負ってくれる鳶職人が見つからず、仕方なくひょんなことから知り合った鳶集団“日本晴れ”に頼らざるを得なくなるのだが、昔気質の彼らは彼女を相手にもしてくれない。このまま、結婚でもしてしまおうか……。しかし、ここで諦めたらエリートOLの名が廃る。弁当持参で彼らの仕事を見学したり、マイヤー本人を連れて行ったり、“隼”と呼ばれる鳶職人の司令塔・悦治のお転婆娘・ツミの恋の手助けをしたりと、貴奈子は日参を続けた。お陰で、そんな彼女の心意気に打たれた日本晴れの面々は工事を引き受けてくれ、見事、モニュメントは完成するのであった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2005年
製作国 日本
配給 東映=「鳶がクルリと」製作委員会
上映時間 118
公開日 2005年10月1日(土)公開
カテゴリ コメディ
チケット 前売りチケットを購入する