「銀座旋風児 嵐が俺を呼んでいる」(1961)

0点--
『銀座旋風児』シリーズの第4弾は、謎解きが入りミステリー的色彩の濃い作品になった。小林旭が演じるマイトガイの神出鬼没な活躍に加え、探偵助手に扮する若かりし頃の浅丘ルリ子の、アイドル乗りのキュートさにも要注目! 東京税関の係官殺人事件が起こり、さらにその娘が誘拐された。事件を知った探偵が真相究明に乗り出す。後半の犯人追跡シーンなどがスリリング。

あらすじ

深夜の京浜国道を疾走するトラックから一人の男が投げ出された。殺された男は、東京税関の木田明だった。東都タイムズの荒木記者は、木田と飲んで別れたばかりだっただけに驚いた。そのころ、浜離宮公園の木蔭の闇にパトカーが待機していた。女中の前に男が現われた途端、警察の手が廻ったことを知った相手の仕打ちに、その男は狙撃されてしまった。旋風児二階堂卓也がこのカラクリを見破っていた。モンキーの兼という片目のつぶれた殺し屋と格闘したが、さすがの卓也も捕えられなかった。「東京税関、関税課長の令嬢誘拐さる、当局犯人をとり逃がす」「京浜国道で殺人、これも東京税関の係官」と新聞は報じた。卓也は木田が死ぬ直前荒木に渡した小型カメラの謎を追いD・P屋をたずね歩いた。さらに、柴田税関課長の娘で木田の恋人だった京子に会った。木田が常に柴田といい合っていたということ、正子が誘拐されても警察に届けるなと柴田が言っていたことを聞かされた。卓也の助手明子は女中になって柴田家に潜入した。柴田が行万不明になった。深夜、柴田を乗せたタクシーが、とある寺院にとまると、黒マスクをした男が柴田の前に現われた。柴田は「佐伯君だね」と言った。男はうなずいた。が、男は卓也だった。木田が撮したフィルムの中味は何かと詰めよったが、銃声がした。佐伯とモンキーだ。警官隊がきたが、二人はヘリコプターで逃げた。情報屋の政吉がネガを見つけ出してきた。写真は外車の輸入証だった。佐伯一味はトラックに乗り名古屋市に向っていた。急停車した途端、運転手の顔から手拭がずり落ちた。政吉だった。佐伯は一人の中京国際ハイヤーのビル地下室に着いた。蔭から卓也が姿を現わした。高級外車を外国人名義で無為替で輸入させ、それを柴田にワイロを使って目をつむらせ、数倍の値段で転売していたブローカーが佐伯、またの名は陳徳宝なのだ。大乱戦の末、佐伯は捕えられた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1961年
製作国 日本
上映時間 79
チケット 前売りチケットを購入する