「ジーナ・K」(2005)

43点43
石井聰亙、東陽一、橋口亮輔などの助監督として活躍してきた藤江儀全監督のデビュー作。ボーカリスト、“ジーナ・K“として圧倒的な存在感を見せる少女かやの。イメージとのギャップに苦しみ、ストリッパーである母親に対する葛藤などを抱えながら、愛を知り、成長していく様を熱く描いている。

あらすじ

福岡・中洲に君臨する伝説のストリッパー、カトリーヌ(石田えり)。その娘かやの(SHUUBI)は、母親との葛藤から家を離れ、街を彷徨うようになっていた。ある日、かやのは、ニナ(吉居亜希子)という娼婦と出会う。ニナもまた親の顔を知らず、天涯孤独だった。よく似た境遇のふたりは、すぐに打ち解けあった。ニナとコンビを組み、詐欺まがいのことをしていたかやのは、カモとして引っ掛けた男、菊地(ARATA)に逆に罠にはめられる。だが、菊地もまた郷田(永瀬正敏)という男にゆすられていたのだった。暗い過去を背負った、もの静かな菊地に、かやのはいつのまにか惹かれていく。そんな中、かやのはカトリーヌをストリッパーとして育てた男、宮本(光石研)と再会する。カトリーヌの人気の翳りに見切りをつけていた宮本は、かやのが過去に一度だけステージで歌った時に見せた才能に目をつけ、かやのを売り出そうとしていたのだった。かやのは宮本が用意したシナリオにしたがって、ジーナ・Kとしてライブハウスで歌うようになり、カリスマ的人気を得ていく。だが、彼女は次第に、つくられたジーナ像と自身とのギャップに苦しめられるようになっていった…。ある日、すべてが嫌になったかやのは、宮本から、ライブハウスから、そして歌うことからも逃げ出してしまう。呑まず食わずで何日もふらつき、倒れたかやの。のり子(片岡礼子)の運転するトラックに拾われた彼女は、やがて自分の中に再び、生きたい、歌いたい、という気持ちが巻き起こるのを感じ、逃げ出した街に戻る。そして、そこで菊地と再会し、気持ちを確かめ合ったかやのは、決着をつけるために宮本のもとを訪れる。「もう一度一緒に、一からやり直そう」と喜ぶ宮本に、かやのは「ジーナ・Kは勝手にやるけん」と言い放ち、彼のもとを去った。トランペッターである菊地をあらたにメンバーに加え、かやのは再び【ジーナ・K】として復活ライブに臨む。だが、彼女たちを突然の悲劇が襲う。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2005年
製作国 日本
配給 シグロ
上映時間 103
公開日 2005年8月27日(土)公開
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する