「極道の門 実録・大阪頂上戦争」(1994)

0点--
高度成長期の大阪を舞台に、一人のチンピラが本物のヤクザになっていくまでを描く。大政組の組員・尾形とその舎弟・村田が敵対する義道会の刺客5人に襲われた。尾形は殺されてしまうが、村田は5人を切り倒す。この事件で大政組と義道会の対立は深刻さを増していく。そんな中、組長の鹿島と若頭の赤垣が警察で取り調べ中の村田を訪れ、親子の杯をガラス越しに酌み交わすのだった。

あらすじ

大政組組員・尾形とその舎弟・村田が、敵対する義道会の刺客五人に襲われた。尾形は殺されるが、村田は一人で五人を返り討ちにする。この事件をきっかけに二つの組の全面抗争が勃発しかけるが、関西の極道社会で恐れられている大浜組組長・大浜鶴吉が仲裁に乗り出した。大政組組長・鹿島は大浜に全権を委ねるが、義道会は会長の大田黒は顔を出さず、若頭の安田が応対し、手打ちに難色を示す。一方拘置所の中の村田は連日刑事たちの横暴な取り調べを受けるなか、尾形や幼馴染みの元恋人・夏との平和な日々を思い出していた。組長の鹿島は彼を男として認め、面会室で酒も杯もないままだが、親子の契りを交わした。そんな中、進まない手打ちに業を煮やした大浜は自宅に安田を呼びつけ承諾を迫るが、どんな有利な条件でも電話口の大田黒は納得せず、逆に安田の不甲斐なさを罵る。窮地に追い詰められた安田は大浜に銃口を向けてしまうが、あっけなく取り押さえられる。大田組は責任を安田一人に押しつけ彼を破門にし、態度を急変してさっさと手打ちに応じてしまった。村田は1年後、正当防衛が認められ無事出所。しかも若頭補佐のポストが待っていた。夏とも劇的な再会を果たす。その村田の命を、極道としてのケジメをつけるため安田が狙っていた。だが村田は安田のドスを交わそうとせず受け止め、ケジメをつけさせてやった。それは死んだ尾形の教えでもあった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1994年
製作国 日本
上映時間 87
カテゴリ バイオレンス
チケット 前売りチケットを購入する