「にっぽん三銃士 おさらば東京の巻」(1972)

0点--
五木寛之の同名の小説を映画化した岡本喜八監督作品。40代の戦中派、30代の戦後派、20代の戦無派という異なる世代の3人の男が意気投合して引き起こす大騒動を軽妙に描く。小林桂樹が戦中派を好演、岡本監督の心情を代弁する。

あらすじ

黒田忠吾。通称・チュウさん。元帝国陸軍中尉。ハイヤー、タクシー業界のタイコ持ち的月刊誌の名ばかりの編集長だが卑屈な生き方に自己嫌悪しきり。八木修。通称・ヤギさん。満州はハルピンの生まれ。東大附属病院の助教授で医学博士だが、近頃はインポに悩む。風見一郎。通称・イッちゃん。一流広告代理店の一流社員。終戦記念日に生まれた戦無派。ある日この三人が、新宿のバー“ネスパ”で出会った。一郎はその日森川副部長に叱責されたが、無表情に黙っていた。でも、心の中では殺意を抱く程怒っているのだ。そして、帰社してから、コラムニストの古賀マリと知り合ったが、カッコ悪く別れた。八木は、いま、結婚生活五年目を迎え、欲求の激しい妻との間の性エネルギーの落差をどう埋めるか悩んでいた。忠吾は、古沢タクシーの社長の御曹子のために、ゴマスリ記事を書き、五千円入りの祝儀袋を追従笑いを浮かべて受け取った。それは忠吾にとって大いなる屈辱であった。三人はそれぞれの安住の地である“ネスパ”で怪気炎を上げる。戦中、戦後、戦無派の代表選手たち−−。外では、学生たちがデモっていた。突然、マリが刑事に追われて飛び込んで来た。マリは、デモ隊鎮圧のパトカーに投石したのである。一郎はマリを連れて逃げ出した。二人は連れ込み旅館にもぐり込んだが、何と先着のカップルは、一郎の婚約者、江草千夏と中年の三毛沢春彦。一郎は千夏に婚約解消を宣言し、再び雑踏の新宿へ飛び出した。若者たちが地下街の歩道で反戦フォークを唄っていた。仲間に入る一郎とマリ。そこへ、“ネスパ”から刑事に追われて来た忠吾、大学病院で“ネスパ”のママ、キキと男性復活のための実験の最中に、宿直員に発見され、追われて来た八木が逃げ込んで来た。そこへ、機動隊が介入して来て大騒動となる。しかし、忠吾、八木、一郎は上手にその中から抜け出しに成功、忠吾の家に行く。ところが、忠吾を待っていたのは、会社からの解雇通知だった。刑事との乱闘が知れたのである。激しい夫婦喧嘩。他の二人も同様家に戻れない。行くあての無くなった三人。男たちは行く先知らぬ貨車に乗った。“おさらば東京”きれいさっぱり過去に別れを告げた三人は、第二の人生へと出発した。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1972年
製作国 日本
上映時間 88
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する