「極道三国志4 最後の博徒/血の抗争」(2000)

55点55

あらすじ

バブル崩壊以来、資金繰りに喘ぐ熱海の笹尾組組長・笹尾敏夫は、大阪の黒田組組長・黒田誠司に3億円の融資話を持ちかけられる。だが、その裏には東京進出を目論む黒田の思惑があった。彼らは、銀行に差し押さえられている笹尾組所有の西新宿のビルを横取りし、東京進出の拠点にしようと企んでいたのだ。そんなこととは知らない笹尾は、黒田の話に乗せられて、勇姿の見返りに塙曹長のタマを狙う。しかし、笹尾のやり方に異義を唱える最後の博徒と呼ばれる昔気質の組員・沢村が塙の盾となってそれを阻止した。これに激怒した笹尾は舎弟に沢村殺しを命じるが、そんな笹尾組の内情を知った一平は、健、義信と共に仁義を欠いた笹尾に落とし前をつけさせようと熱海に乗り込むのだった。ところが、それを知り焦った笹尾が不利な条件を承知で黒田組と盃を交わそうとしてしまう。しかし間一髪、沢村と元極道の女である晴美の活躍で盃事は阻止され、さらに一平によって笹尾が倒され黒田の計画は失敗に終わる。そしてその後、沢村は一平の後押しで新たに沢村組を旗揚げするのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2000年
製作国 日本
上映時間 85
映倫 R15+
チケット 前売りチケットを購入する