「春琴物語」(1954)

【DVD発売中】

95点95
谷崎潤一郎の名作『春琴抄』の2度目の映画化。盲目だが、美人の誉れ高い大阪の薬問屋の娘・お琴と、下男の佐助が主従関係を超えた愛で結ばれていく様を描く。当時の大映の看板スター・京マチ子を主演に起用。伊藤大輔監督は、身分の違いと、燃える情愛との相克に悩む男女の心理を、的確に捉えている。

あらすじ

大阪の道修町にある鵙屋は、数ある薬種問屋の中でも、名の聞えた老舗だった。そこの二女お琴は、幼い時に失明し、春松検校を師匠として琴や三味線の稽古に通っていたが、その美しさは世間の評判となっていた。少年時代から仕えてきた佐助はお琴の唯一人のお気に入りであり、彼女は佐助以外の誰もが身の廻りの世話をすることを喜ばなかった。佐助も真心こめてお琴に仕えたが、何時も彼女が音曲の稽古をするのに耳を傾け、自己の給金を貯めて三味線を買い、音を立てずに手つきだけで秘かに練習する様になっていた。それに感ずいてお琴は佐助に弾かせてみるが、その才能を認めて二人は師弟の間柄になった。お琴は常に佐助を召使いとして扱っていたが、心の中では彼に愛情を抱いて居り、遂に佐助の子をはらむようになった。生れた子は間もなく死んだが、外見依然として主従の間柄だった二人の愛はゆるがぬものとなっていた。お琴は師匠春松の名を貰って春琴と名乗ったが、一方鵙屋の店では商いも不振に陥り、且つ主人も亡くなったので、春琴は佐助と二人で淀屋橋に住まい、生活を立てるために琴の教授をすることになった。この頃春琴を見染めたのは金持の若旦那利太郎であったが、彼は春琴に対する野心から弟子入りをすることになった。だが彼に対する春琴は冷かった。ある夜、彼の寝室に忍び入る一人の曲者があり、身を避ける拍子に鉄瓶の湯が彼女の顔にかかった。醜くなった顔を歎き悲しみ、決して自分の顔を見てくれるなと頼む春琴の言葉を守るために、佐助は自己の両眼に針をつきさして失明した。今や孤独の二人の心は斯くして永久に結ばれたのである。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1954年
製作国 日本
配給 大映東京
上映時間 111
チケット 前売りチケットを購入する