「アバウト・ラブ/関於愛〈クワァンユーアイ〉」(2004)

【DVD発売中】

72点72
日本、台湾、中国で活躍する新進気鋭の映像作家3人による3話からなるオムニバス。アジアの3大都市で芽生える3つの恋を綴る。東京編は伊東美咲と台湾のスター、チェン・ボーリン、台北編は加瀬亮と台湾の歌姫メイビス・ファン、上海編は塚本高史と中国の実力派リー・シャオルーが共演。

あらすじ

「TOKYO」ヤオ(チェン・ボーリン)は、漫画家を目指して台北からやってきた留学生。専門学校に自転車で向かう途中、偶然、画材道具を路上にばらまいてしまい、立ち往生する若い女性を目撃する。画材を拾い集め足早に去っていく彼女に、なぜだかヤオは目が釘づけになる。渋谷のとある店。大きなキャンバスに色を重ねるアーティストの美智子(伊東美咲)は、恋人との不仲に悩んでいた。そんな時に、彼からの着信が携帯に入る。しかし3年間心を通わせた相手は、たった4秒で別れを告げた。深夜のスクランブル交差点。涙を隠し俯いて歩いてくる美智子とぶつかりそうになるヤオ。謝りながら横を過ぎる彼女と一瞬目が合う。美智子は泣いていた。その泣き顔が脳裏に焼き付いたヤオは、立ち止まった一角で、店のウィンドウ内に描きかけの絵を見つける。翌日、ヤオは昨日の絵をもう一度見るために店の前を通る。すると、描かれていた澄んだ青空は、冬の寒空のようなグレーに塗りつぶされていた。そこへ画材を手にした美智子が現れる。反射的に身を隠すヤオ。彼女の悲しそうな横顔が、キャンバスをグレーで埋め尽くしていくのを見たヤオは、美智子のためにあることを考え付く。「TAIPEI」深夜。台北のマンションの一室で、本棚を作ろうと悪戦苦闘しているアスー(メイビス・ファン)。完成した本棚を立ちあげようとするが、びくともしない。アスーは、あるバーのコースターを1枚見つけ出し、携帯をダイヤルした。電話を受けた鉄ちゃん(加瀬亮)は、突然の呼び出しに期待をふくらませ、真夜中にもかかわらずアスーを訪ねる。部屋に入って早々、「本棚を持ち上げるのを手伝って」と頼むアスー。期待していたばかりに、落胆と疑問の表情を浮かべながらも素直に手伝う鉄ちゃん。カタコトの中国語でアスーをからかい、ペンキを塗りながらふざけ合い、次第にふたりの距離は近づいていく。アスーを抱きしめる鉄ちゃん。アスーも鉄ちゃんの胸に顔を押し付ける。いい雰囲気になり、本気になる鉄ちゃんとは裏腹に、徐々に抵抗し始めるアスー。それでもなお覆いかぶさってくる鉄ちゃんに、アスーは突然平手打ちをくらわす。戸惑う鉄ちゃんに、アスーは泣きながら壁の黒板に漢字を書き始める。「私は、彼と別れた」「とてもつらい」「眠れない」「だから本棚を作る」「あなたの体を借りて彼のことを想った」アスーの書いた字のうえに、鉄ちゃんはひと言だけ書く。「理解」。「SHANGHAI」上海の下町の一角。母の営む雑貨屋で、大学受験勉強中のユン(リー・シャオルー)が店番をしながらうとうとしていると、日本人留学生・修平(塚本高史)が現れた。彼は東京の会社を辞め、夢への第一歩として単身上海へやって来て、雑貨屋の2階に部屋を借りているのだ。覚えたての中国語を駆使して用件を伝える修平に、受験勉強中の英語を使いつつ、中国語を教えながら応じるユン。そんなある日。修平宛に届いた小包を、ユンは彼のバイト先まで届けた。中には、美しいスペインの風景の葉書、古くなった野球ボールがあった。ユンは真剣に葉書を読む修平の、冷たく強張った顔に驚く。それが彼女からの小包と知ったユンは、修平の彼女がどんな人なのかを尋ねる。翌朝、ユンは雑貨屋のカウンターの上の紙片に気付く。昨日の葉書の絵柄だ。修平が破り捨てたのだろうか? ユンは受験勉強そっちのけで、手紙の破片を集められるだけ拾い集め、日本語の辞書で一文字一文字調べていく。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2004年
製作国 日本=中国
配給 ムービーアイ
上映時間 102
公開日 2005年9月17日(土)公開
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する