「まぼろし天狗」(1962)

0点--
“やみのごぜん“と言い残して息絶えた女の謎を追ううちに、何者かに銃で襲われ、旗本・浅川喬之助にかくまわれた町奉行与力・守屋周馬。喬之助は周馬と自分が瓜二つなのを利用し、彼の代わりとなって江戸の大掃除をすることになるが……。美剣士スター・大川橋蔵が一人二役を演じるアクション時代劇。

あらすじ

賄賂横行する老中田沼意次執政下の江戸。ある夜田沼邸から脱け出した血だらけの裸女に出くわした、町奉行与力守屋周馬とその配下の目明し明神の清吉は、「やみのごぜん」と言い残して息絶えたその女が麻薬患者と知るが、次いで増上寺に忍び込んだ怪賊をとり押えかけた周馬が、矢場のお艶に短銃で撃たれて追われ、浅川喬之助という旗本にかくまわれて難を逃れた。この男が周馬と瓜二つ、天狗屋敷のあるじとして広く市中に知れ渡っている変った人物であった。喬之助はお役御免となった周馬の身替りを買って出て、明神の清吉や、天狗屋敷の一党と手を結び、江戸の大掃除をすることを誓いあった。その手はじめとして、行動不審の目明し弥十を利用して麻薬の出所をつきとめようとしたが、弥十は何者かに殺されて失敗に終る。そこで、喬之助は周馬になりすますとお艶の矢場を尋ね、彼女ら一味の後だてと言われている謎の人物“闇の御前”の屋敷に案内させることにする。荒れ屋敷に住むこの人物は、田沼悪政に便乗する悪徳役人を巧みに利用、やがては田沼をも克服しようと企らんでいた。天狗屋敷で治療中の周馬は、喬之助が実兄であることを妹志乃から聞かされ唖然となる。一方、喬之助はお艶の手引きで屋敷に乗り込んだが、一味に偽物をあばかれ、地下牢に落ち込んだ。兄喬之助が一味の本拠に乗り込んだことを知った周馬は、天狗屋敷を脱け出してかけつける。同じころ、天狗屋敷の一党の先頭にたった清吉は、田沼の紋所のある駕籠を襲い、中味の麻薬を手に収める。喬之助を中心とする天狗屋敷一党の前に現われる最後の人物、謎の首魁はいったい誰か? 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1962年
配給 東映京都
チケット 前売りチケットを購入する