「おしまいの日。」(1999)

0点--
人気作家、新井素子の同名小説を映画化した恋愛映画。日常にひずみを抱える2組の夫婦の関係をリアルなタッチで描く。映画は久々の主演作となる裕木奈江の静かな熱演に注目。

あらすじ

大学時代の水泳部で知り合った忠春と三津子。しかし甘い新婚生活も束の間、忠春は仕事に追われるようになり、三津子は夫の体を気遣うあまり極度の心配性に陥って、精神のバランスを崩しつつあった。ある日、三津子は近所のスーパーで高校時代の親友・久美と再会する。夫の俊彦との倦怠期に悩む久美は、忠春に献身的に尽くす三津子を初めは感心していたが、やがて彼女がノイローゼであることに気づき、何かと三津子の気を紛らわせようとする。そんなある日、三津子の妊娠が判った。忠春は喜ぶが、三津子の顔つきは浮かない。それどころか三津子は自殺を図り、精神科への入院を余儀なくされる。妻を追いつめたのは自分だと悟った忠春は、深夜、彼女を病院から連れ戻すが、三津子は日記に「おしまいの日が来た」と書き残して姿を消す。忠春は心当たりを探すが、三津子は見つからなかった。それからしばらくして、久美宛に三津子から一通の手紙が届けられた。そこにはこう書かれていた。「私は、忠春さんと彼の分身である子供のふたり共の面倒を見る自信がありません。でも、子供だけならまだ頑張れる。だから、決めたのです。忠春さんを愛することをおしまいにしようと…」。だが、その直後忠春は駅のホームのベンチで過労死から息を引き取ってしまう。一方、その頃三津子は忠春と名づけた子供とふたり、海辺の町でひっそりと暮らすのであった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1999年
製作国 日本
配給 ビターズ・エンド=アーバン
上映時間 119
公開日 2000年1月15日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する