「この胸いっぱいの愛を」(2005)

【DVD発売中】

64点64
『黄泉〈よみ〉がえり』に続き、塩田明彦監督が梶尾真治の小説を大胆な解釈で映画化した感動作。20年前にタイムスリップした青年が少年時代の自分と向き合うことで、痛恨の過去を“変換“していく姿を見つめていく。心ゆさぶられる感涙のエピソードが地雷のように埋めこまれた1本だ。

あらすじ

勤務する百貨店のお弁当フェア開催の為、小学生時代を過ごした北九州の門司を訪れた鈴谷比呂志は、同じ飛行機に搭乗していた布川ら3名の乗客と共に、自分が20年前の世界にタイムスリップしていることに気づく。そして、家庭の事情から祖母の経営する旅館で暮らしていた10歳の自分=ヒロと出会い、旅館の仕事を手伝いながら幼い自身との奇妙な同居生活を始めた彼は、近所のお蕎麦屋さんのひとり娘で、彼にヴァイオリンを教えてくれた憧れの“和美姉ちゃん”のことを想い出す。東京の音大を主席で卒業したものの、難病にかかってこの世を去ってしまった和美。比呂志は、彼女の命を救えなかったことを心にずっと引きずっていた。布川らとの話で、どうやら過去に遂げられなかった想いに決着を着けたら、元の世界に戻れるらしいと判明した。そこで、比呂志は和美の命を救うべく、ヒロと共に彼女に手術を受けさせようと腐心するのだが、心を閉ざした和美はそれを聞き入れようとしない。しかもそんな中、彼は知ってしまうのである。実は、自分や布川らが飛行機事故で既に死んでいたことを! しかし彼は諦めず、あるアイデアを思いつく。それは、門司で開かれるクラシックのコンサートのステージに和美を立たせてやることだった。果たして、比呂志とヒロの招待で会場にやって来た和美は、痛む体を押しながら満員の観衆を前に演奏を繰り広げ、生きる勇気を与えられる。しかし、それは同時に比呂志との別れを意味した――。2006年、飛行機事故で行方不明だった4名の遺体が、無事見つかったとの報道がされた。同じ頃、とある音楽教室では和美が子供たちにヴァイオリンの指導をしている。障害は残ったものの、今、彼女はどんなことがあっても生き続けようと思っていた。自分を支えてくれ、その後姿を消した“あの男性”の為にも。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2005年
製作国 日本
配給 東宝=日本出版販売=WOWOW=ツインズジャパン=S・D・P=BS=IMJ=MBS=ジェネオン=レヴィプラス=小学館=中部日本放送=東京都ASA連合会
上映時間 130
公開日 2005年10月8日(土)公開
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する