「ゴジラ・ミニラ・ガバラ/オール怪獣大進撃」(1969)

【DVD発売中】

33点33
怪獣たちの戦いを弱虫少年の夢の中の世界として設定し、従来使用された様々な決闘シーンのフィルムを大幅に再使用。東宝が初めて子供を主人公にした怪獣映画で、この作品から怪獣映画は“東宝チャンピオン祭り“という名前で公開されることになる。

あらすじ

三木一郎は鍵っ子小学生、両親の帰るまでの退屈を大好きな玩具づくりで紛らわせていた。一郎は遊び相手になってくれる玩具アイディアマンの南信平が好きだった。彼は今“ちびっ子コンピューター”を作成していたが、一郎の興味をひくのはただ一つ、怪獣島のコンピューターだった。今日も両親は夜勤。一郎はガラクタを集めて作った手製のコンピューターを眺めているうちに、夢の怪獣島に誘われた。怪獣島、そこでは一郎の好きなミニラが悪怪獣ガバラにいじめられていた。一郎はゴジラを呼ぼうとしたが、信平に起こされてしまった。一郎はまた空ビルヘガラクタ集めに行った。が、そこに三千万円強奪犯人がひそんでおり、二人組に狙われるようになってしまった。その晩、一郎はふたたび怪獣島の夢をみた。その時、ミニラは強く生きられるようにとゴジラの特訓を受けていた。一郎が二人組に補ったのはそれから間もなく、だが、一郎は怪獣島でガバラをやっつけたミニラを思い起して発憤した。凶悪な犯人にかみつき、消化器をまきちらして大活躍。そこへ信平の通報でパトカーが到着、犯人は逮捕された。一郎はもう弱い子ではなかったのだ。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1969年
製作国 日本
上映時間 70
チケット 前売りチケットを購入する