「日本一のワルノリ男」(1970)

60点60
植木等と、ドリフターズの加藤茶を合わせて売り出そうとした作品。加藤茶は植木等に迷惑をかける出来のわるい教え子となり、植木等はここでは従来の“無責任男“ではなくとことん責任をみないと気がすまない男を演じている。久しぶりに浜美枝が共演した。

あらすじ

東北の高校教師、日本兵介は教え子の白坂八郎の就職先の世界陶器での愚行のわびに上京した。そして、無責任に責任を持ちたがるワルノリぐせを発揮して、八郎をつれ戻すまで世界陶器に勤めることとなった。八郎探しに精を出す兵介は、ソープランドをあたるが、風俗嬢ミチに見初められ、昼は会社、夜はポン引と大忙しの身となった。で、ついつい会社では居ねむりの連続。さらに、女専務友紀子に工場の欠員はおまかせ下さい、と大見栄をきった兵介は寝物語にミチを口説いて、仲間も誘ってソープ娘がぞろぞろと世界陶器に押しかけた。この功績を認められた兵介は一躍、宣伝係長に抜擢された。そのうえ、カメラマン谷村が新人モデル明美をつかって撮った衛生陶器の看板が大評判をとり、兵介は営業課長に昇進した。大山建設のマンモスホテルへの製品売り込みの大仕事を控えて兵介は、資材部長の松永のくどき落し作戦を開始。バーのマダム照子を利用したこの策略も見事に成功して兵介は総務部長の椅子にどっかり腰をおろした。その頃、常務の斉田は社長の病気で娘の友紀子が社業に追われるのを幸いに、社長の椅子を狙っていた。この謀略に気付いた友紀子は、自分がすわれた椅子を、なぜか兵介に譲るのだった。しかし、兵介はひょっこりあらわれた八郎にその座を明け渡して、田舎へ帰って行った。そしてそのあとを友紀子が追った。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1970年
製作国 日本
配給 東宝=渡辺プロ
チケット 前売りチケットを購入する