「サラリーマン金太郎」(1999)

0点--
元暴走族という意表を突いたビジネスマンの型破りな活躍を描くTVシリーズの劇場版。地方に赴任した主人公が、ライバル会社の悪行に大爆発。気合いの入った“決着“を見せる。

あらすじ

ヤマト建設東北営業所に赴任した、元暴走族の型破りなサラリーマン・矢島金太郎。ところが所長の伊郷は昼間から雀荘に入り浸りの、これまた型破りな一匹狼。そんな伊郷と何かとぶつかる金太郎は、一方で東北市の公共事業の仕事をゲットしようと市役所に日参していた。だが、公共事業につきものの談合や不正工作が立ちはだかり、仕事は得られそうもない。同じ頃、ヤマト建設本社でも、理由のはっきりしないまま公共事業からヤマトだけが外されるという問題が起こっていた。実は、その裏にはヤマト潰しを企む北東総建と暴力団・天保組、そして大物代議士・谷岡の癒着があったのだ。しかし、そんなことに屈しないのが金太郎。市民ホールの改装工事を巡り、金太郎は北東総建をバックにつけた芝幡工務店と全面対決を宣言。金太郎の信条に賛同し、ようやく重い腰を上げた伊郷の協力を得て、指名競争入札の準備に取りかかる。だがそんな折、実は真澄の父であった伊郷や金太郎の愛息の竜太に小型爆弾が送りつけられた。これに激怒した金太郎は、スーツを脱ぎ捨て特攻服に着替えると、八洲連合のメンバーらと東北市に向けて爆走を開始。天保組を壊滅し谷岡邸に乗り込むも、駆けつけた警官隊によって逮捕され、裁判で有罪判決を受けてしまう。しかし、金太郎にはヤマトの社員をはじめとする一般市民の力強い味方がついていた。裁判所で谷岡逮捕のニュースを知らされ、皆に励まされた金太郎は、再びサラリーマンとして復活することを心に誓う。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1999年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 110
公開日 1999年11月13日(土)公開
カテゴリ アクション
チケット 前売りチケットを購入する