「仕掛人梅安」(1981)

0点--
仕掛人の元締め、音羽屋の抹殺をたくらむ安部長門守と近江屋の異母兄弟。音羽屋一派から仕事を請け負っていた仕掛人・梅安は逆襲に出るのだが……。松竹で作られていた“必殺仕掛人“シリーズが、製作会社を東映に変えて再登場した。

あらすじ

いつものように江戸闇稼業の元締、音羽屋半右衛門の依頼の仕事を片づけた梅安は情婦おもんのいる料亭井筒で飲んでいた。そのとき、別室で、旗本、安部長門守の長男、主税之助が女中に乱暴して犯したうえ殺してしまった。父親の長門守も、自分の出世を考えると、この長男には手を焼いていた。ある日、長門守のところに、腹違いの弟、近江屋佐兵衛が大阪から訪ねて来て、私欲の強い二人は悪企み。梅安は、近江屋の実の妹、料亭升村の女将、お園のシャクの発作の治療に呼ばれた。梅安は近江屋が闇の元締であることをよく知っている。梅安は音羽屋の依頼であの主税之肋の殺しを請負った。そこへ、かつて主税之助と果し合いで深傷を負い、梅安に助けられたことがある若い浪人、小杉十五郎が現われた。彼は主税之助への復讐の機会を狙っていた。梅安は主税之介を仕掛針で絶命させるがお咲という若い女に目撃されてしまう。しかし、お咲は小杉と同じ長屋の住人で、梅安は彼女の弟の病いを診てやることになった。一方、近江屋は主税之助殺しの依頼人が、実の父、長門守であることを気づいていた。ある日、音羽屋が襲われ、深傷を負うが、通りかかった小杉に助けられる。音羽屋の口を封じようとする長門守の仕業だ。梅安の命も狙われることになり、逆襲に出た。近江屋は手の者を使って梅安を急襲、居合せたお咲が殺されてしまった。梅安はお園に助けられた。犯人が実の兄、近江屋と聞いて驚くお園は、近く、長門守と近江屋が舟遊びに出ることを伝える。近江屋、長門守、お園の乗った舟を操つるのは変装した彦次郎。そして、梅安、小杉の仕掛けは見事に成功、敵を倒すのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1981年
製作国 日本
上映時間 100
チケット 前売りチケットを購入する