「花と竜 洞海湾の決闘」(1966)

0点--
錦之助版「花と竜」の続編。正編のような出世話の色彩は薄まったが、その分貫禄のついた玉井金五郎親分で魅せる。若松港に一家を構えた金五郎が悪どい友田喜造の妨害をはねのけながら、沖仲士の組合結成をサポートしていく。

あらすじ

活気あふれる若松港に、玉井金五郎が一家を構えたことを知って幼友達の清七は、金五郎のもとに身を寄せた。金五郎は若松港の沖仲士を一手に牛耳ろうとする友田喜造の酒席に雪崩れ込んだ江崎組の喧嘩のとばっちりをうけ決闘状を叩きつけられた。だが、一人殴り込みを待つ、金五郎の態度に圧倒された江崎方は、四散してしまった。しかし、これを心良く思わない友田は、吉田磯吉親分の七ひかりを楯に、難くせをつけて、安い請負いでゴンゾウたちの締め出しを計る一方、金五郎と江崎の手打ちをかって出た。しかし反骨な金五郎は、一時は仲裁を受けたものの、それを利用してゴンゾウたちを救うため、小頭組合結成の意義を親分衆に説いた。座は一瞬しらけたが、吉田磯吉は、金五郎の英断にひそかに関心を示した。一方孤立した友田は、角助を使って、金五郎暗殺を命じた。着々と準備を進めた金五郎は、まもなく“若松港汽船積小頭組合”結成準備会を開いたが、集まったのは江崎だけであった。翌朝金五郎は友田一派に殺された品川の溺屍体を見ると、清七を伴って友田を訪ねたが、逆に待ち伏せた角助に清七は刺された。吉由親分が乾分の無礼を詑びた日、清七は死んだ。一人友田に直談判にでかけた金五郎に、角助がおそいかかった。重傷を負った金五郎は、マンの献身的な看護の甲斐あって、奇跡的に助かった。数日後、一連の非を詑びた吉田磯吉を筆頭に、友田らが署名し、組合の結成にこぎつけた。感激に身をふるわす金五郎、マン、ゴンゾウたち、金五郎の捨身の努力の成果が実を結んだのだ。金五郎に寄り添うマンの幸せな姿があった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1966年
製作国 日本
配給 東映=東映京都
上映時間 90
チケット 前売りチケットを購入する