「オサムの朝〈あした〉」(1998)

0点--
森詠の同名小説をベテラン監督、梶間俊一が映画化。人生の岐路に立った男が少年時代を送った那須高原に向かい、豊かだった“あの頃“を振り返り、生きる活力を取り戻していく。

あらすじ

理不尽な人事異動に腹を立て、少年時代を過ごした那須高原へひとり旅に出た城山修は、東北新幹線の中でやはりひとりで旅をしている少年・直樹と出会い、彼とキャンプをすることになる。母親の愛を受けられずに育ったことが原因で、自分の殻に閉じこもり何かと反抗的な態度を取る直樹。だが、そんな彼のことが気にかかって仕方がない修は、自分の少年時代の話を彼に語り始める----。小学生のオサムが、母・文子と兄・勉と一緒に東京から那須へ越してきたのは昭和29年のことだった。父の行雄は売れない画家で、東京に出稼ぎしているが暮らし向きは一向に良くならない。しかし、オサムは親友のテツオと野山を駆け回ったり、ガキ大将のセイジと喧嘩したりと楽しい毎日を過ごしていた。だが、そんなオサムにも辛い出来事が起こる。テツオの転校、母の家出、そして愛犬レオの死_。オサムは現実の過酷さに絶望するが、そんな彼を励まし支えてくれたのは隣に住む金村のこんな言葉だった。「オサム、踏ん張るんだ。歯を食いしばって踏ん張るんだ」----。森の中で一夜を過ごした修と直樹は、翌朝、レオの墓を詣でた。そこでふたりは、それぞれ自分たちが辛い立場にあるけれど、逆境に耐え踏ん張って生きていこうと誓い合うのであった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1998年
製作国 日本
配給 シネカノン=「オサムの朝」製作委員会
上映時間 106
公開日 1999年7月31日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する