「平成無責任一家 東京デラックス」(1995)

55点55
「月はどっちに出ている」に続く、崔洋一、岸谷五朗コンビ作品。飴屋一家の家業は詐欺師。結婚と離婚を繰り返す母のもとには父親の違う兄弟が5人。故郷、土城市の市長選トトカルチョで大損した一家は、一発逆転を夢見て、花の東京にやって来る。行く先々で様々なトラブルの種をまき散らしながらも、なんとか大金を騙し取るが、いちばん信頼していた家族の一人にハメられ……。ホームドラマというよりも、珍道中という呼び名がふさわしい、前進あるのみの詐欺師一家の物語。

あらすじ

飴屋家の人々は一家揃っての詐欺師。結婚と離婚を繰り返す母・マツのもとには父親の違う兄弟が四人いて、いまは気の弱い年下の愛人・君夫が父親がわりである。故郷で企てた“選挙トトカルチョ”が失敗し、夜逃げ同然で四国から大都会・東京へ移ることになった飴屋一家は、マツに金を騙し取られた親戚三人も巻き込んで、次男の実を中心にして詐欺行為を再開する。手始めに三男の進がコマしたツアコンの女の実家“バーバーあさい”の老夫婦を騙くらかして、一家はそこに居候を決め込んだ。様々な人物になりすました実は、オカマ・バーのママ・恭子、フィリピンパブのママ・ルビー、広尾の懐石料理屋の女将・秋子、そしてサイケデリッククラブのママ・ローザと次々に詐欺の仕込みを開始する。一方、残った一家もニセの金の延べ棒作りなど、内職に精を出していた。全てがうまくいきそうに見えたが、長男の敬が計画した“冷凍精子バンク”の詐欺がバレて、敬がアマゾンへ旅立ってしまったのをきっかけに、四男の純が悪徳エスコートクラブにひっかかったり、君夫が秋子と駆け落ちしてしまったりと災難が次々とふりかかる。まとまらない一家に嘆く実は、金の延べ棒を使って自分が仕込んでおいたカモから金をせしめる大計画を一気に実行に移した。見事詐欺に成功した彼らは、3000万という大金を手中に収めるが、その金を持って純がアメリカにいるという実父を探しに家出する。ショックの一家は立ち直れないように思えたが、純が騙されたエスコートクラブを反対に騙す計画を実が思いつき、早速実行に移した。まんまと大金をせしめた一家は、晴れて四国の故郷に母・マツの遺骨(?)を携えて戻るのであった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1995年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 108
チケット 前売りチケットを購入する