「武闘派仁義 完結編」(1994)

0点--
経済ヤクザが幅を利かす世の中に、侠気の道を貫こうとする武闘派ヤクザの乱れ咲きの人生を描くシリーズ完結編。極道社会のはぐれ者・児島武士は、自分が求める“任侠道“を実現すべく組を旗上げする。が、警察の目がうるさくなるのを恐れ、児島を目障りとする旧来の組が結束してこれを潰そうと、刺客を送り込む……。

あらすじ

自分の死に場所を求め、関山組と神野興業という巨大やくざ組織に一人戦いを挑んでいく児島武士。台湾マフィアとの取引を控えている関山と神野は、警察の目を恐れて事を荒立てず、その始末をかつての児島の兄貴分である岸上に委ねる。一方、児島のもとには、彼の姿に本物の男の生き方を見た谷口や金村ら若いチンピラたちが集まってきた。だが、関山らの報復にあい金山や恋人のレイラは殺されてしまう。そのやり口に怒った岸上も仲間に入って、児島たちは関山・神野と台湾マフィアたちの取引現場に向かったが、神野の裏切りで関山は殺され、児島たちの襲撃も失敗した。児島と岸上は今度は2人きりで、孫を連れて遊園地に出かけた神野を遂に倒す。そうして全て終わったかに思われたが、2人を倒すことで男になれると考えた谷口の手によって児島も岸上も殺されてしまった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1994年
製作国 日本
上映時間 90
チケット 前売りチケットを購入する