「サソリ・女囚701号」(1998)

0点--
古くは梶芽衣子、最近では斉藤陽子が演じた篠原とおるの劇画ヒロインに、小松千春が挑戦。大胆なヌードも披露し、復讐に燃える死刑囚の脱出を体現する。2話を同時上映。

あらすじ

松島ナミは、幼い妹を誘拐によって失い、父親も自殺するという悲惨な過去を持つ女医だ。だが、今は有意義な仕事と優しい恋人の優二に恵まれ幸せな日々を送っている。ある日、交通事故で運ばれた患者の黒田の顔が15年前の雨の日、ナミの目の前で妹を連れ去った男に似ているのに驚愕する。しかし、黒田は時効が成立したとほくそ笑み、妹を陵辱する言葉を吐いた。ナミは黒田にメスを突き立て、虫の息になった彼はナミに妹を殺したのは共犯者だと告白するが、名前を言う前にこと切れてしまった──。殺人罪で懲役10年の刑を受けたナミは、刑務所内で行われるリンチや性的虐待に耐えていた。だが、ある日、長い間記憶の中に埋もれていた実行犯の特徴が甦る。片腕の男だったのだ。そんなと木南は、妹の面影を持つ死刑囚・さゆりから身の上話を聞く。さゆりは、国会議員・曽根の犯した殺人現場のビデオテープと引き替えに、病気の姉を助けるという曽根の秘書・成瀬にそそのかされ、無実の罪で刑を受けていた。ナミとさゆりは姉妹のように、お互いの心を開き始める。だが、そんなある日、ナミはさゆりの死刑執行日が間近で、さらにさゆりの姉はすでに死んでいるという事実を知る。そしてさゆりの死刑執行日、間一髪でさゆりを助けたナミは、妹の復讐のためふたりして脱獄した。林の中を逃げるふたりをボーガンを持った成瀬が追ってきた…。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1998年
製作国 日本
配給 ビジョンスギモト
上映時間 90
公開日 1998年10月31日(土)公開
映倫 R18+
カテゴリ バイオレンス
チケット 前売りチケットを購入する