「新宿黒社会 チャイナ・マフィア戦争」(1995)

【DVD発売中】

60点60
黒社会=チャイニーズ・マフィアと日本のヤクザ、警察との間で繰り広げられるピカレスク・バイオレンス・ムービー。犯罪の坩堝、新宿・歌舞伎町。チャイニーズ・マフィア“龍爪“は、異常なまでの残虐性で急激に勢力を伸ばしていた。これを追う新宿署の一匹狼・桐谷龍仁は、弟の義仁がその組織に関わっていることを知る。兄弟は中国残留孤児二世。日本にも中国にも所属できない疎外感から、家族の絆を大切にする龍仁は、立場を利用し、両親と弟のために不正で莫大な金を手にしていたが、汚い世界から弟の手を引かせるべく、その裏社会のネットワークを使って“龍爪“のボスを追い詰めていく。

あらすじ

その異常なまでの残虐性で、新宿で急激に勢力を伸ばしつつあるチャイニーズ・マフィア“龍爪”。彼らを追う新宿署の刑事・桐谷龍仁は、歌舞伎町で起きた警官刺殺事件の捜査にあたっていた。犯人は“龍爪”のボス・王志明の愛人の少年・周潤と見られており、龍仁は周と一緒にいた楊という中国人とホテトル嬢・りつ子を捕え、拷問ともいえる取調べで王とその一味の居場所を突き止める。ところが、その取調べの過程で龍仁は、弟の義仁が“龍爪”にかかわっていることを知り愕然とする。義仁は“龍爪”の弁護士という立場を利用して、新宿の裏社会でのし上がろうと企んでいたのだ。中国残留孤児二世である彼らは、日本にも中国にも所属できない、いいしれぬ疎外感を感じていた。しかし、それゆえに龍仁は、家族の絆を必要以上に大切にしようとしていた。彼は両親と弟のために、ずいぶん前から警察官という立場を利用し、不正を重ねて莫大な金額を手にしていた。龍仁は弟に汚い世界から手を引かせようと独自の裏社会のネットワークを利用し、王を執拗に追い続ける。一方、王も父親殺しの罪で台湾を終われたという過去を持ち、祖国に戻ることもできず、その傷を愛人の周潤とともに“龍爪”を大きくしていくことで癒していた。義仁は兄との確執に苦しみながらも、そんな兄に反発して“龍爪”の中心により深く食い込み、臓器売買にまで手を染めてゆくのだった。龍仁は弟を取り戻すべく王の元へ単身乗り込んでいくが、反対に叩きのめされ監禁されてしまう。臓器売買で地元のやくざ・山根組と取引きを始めた王は、取引きの条件で山根組に騙されていたことを知ると、片腕である狩野に山根組を襲撃させ、組長の内田以下を皆殺しにさせた。狩野の情婦でもあるりつ子の手引きで地下室から逃げ出した龍仁は、狩野を射殺するとその足で義仁の元へ向かった。銃を構えて抵抗する義仁を力づくで連れ出した龍仁は、気絶した弟を両親の元へ届けてから、王の隠れ家へ乗り込んだ。そして激しい死闘の末に、ついに龍仁は王を射殺するのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1995年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 101
チケット 前売りチケットを購入する