「ベル・エポック」(1998)

0点--
仕事や結婚、恋愛の悩みを抱える女性5人の心情を描写。「私たちが好きだったこと」の松岡錠司が、女性たちの“美しい時代(=ベル・エポック)“をリアルに浮かび上がらせる。

あらすじ

ティーン向け雑誌編集者の鈴木綺麗は現在恋人の音無とつきあっているが、大学時代の友人・石橋の結婚話を聞いて、動揺する。石橋はかつて綺麗にプロポーズしたことがあり、心中は複雑。同時に音無と心がすれ違い始め、ついには別れ話も。綺麗の上司である副編集長の山田秀子は弱みを見せない性格のせいか、男性に縁がない。カメラマンの吉本が彼女に接近してくるが、素直な気持ちにはなれない。秀子の従姉妹の詩音は売れっ子少女小説家。お金はあるのだが、恋愛経験ゼロの彼女は、ある日ふとしたことからお見合いパーティに参加。そこで年下の貧乏学生・森本に恋してしまう。だが、森本の本心は詩音ではなく、お金の方にあるのではないかという疑惑に囚われ、悩み始める。綺麗が取材を担当している歌手の星野ひとみはアイドルから歌手への脱皮がうまくいかず、人気は下り坂。マネージャーの小田ともしっくりいかず、仕事に身が入らない。綺麗の友人・桜井良子はバツイチで、お見合いを繰り返す毎日だが、いい相手は見つからず、空虚な気持ちに。日々のうっぷんを秀子にぶつけるが、ますます落ち込んでしまう。結局、綺麗は石橋にその気がないことを知って、音無と仲直り。詩音は森本に愛を確かめた。ひとみは歌手になりたい気持ちを打ち明け、小田も理解した。良子は結婚にこだわるのをやめ、アルバイトを始める。すると、そこに素敵な出会いが。それから数日後、良子の結婚式で一堂に会したそれぞれの女性たちは、お互いに微笑みあい、語りあった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1998年
製作国 日本
配給 東宝=フジテレビジョン
上映時間 129
公開日 1998年9月26日(土)公開
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する