「Heavenz/ヘブンズ」(1998)

10点10
クラブ・シーンを舞台に繰り広げられる青春映画。人気DJのある恋を通して、“生きる道“を発見していく。ヒロインに「スキヤキ」の関谷理香が扮し、可憐な魅力を発揮。

あらすじ

都内のクラブで人気DJとして活躍するテツは、しかしその一方で人生に目的を持てずにいる自分に焦燥感を募らせていた。ある日、彼は渋谷にあるコミュニティFM局に勤めるディレクターのミサキと出会う。テツが出演する筈の番組に遅刻しそうになったことに対し、プロ意識がないとたしなめるミサキに心惹かれるテツ。その後、何かとミサキの興味を惹こうとするが、彼女はなかなか相手にしてくれない。ところで、テツにはもうひとり憧れの人物がいた。それはテツを慕うミナと一緒に入ったクラブでDJをしていたリョウスケだ。彼の音に衝撃を受けたテツは彼に近づこうとするが、実はミサキはリョウスケの恋人だったのである。複雑な心境のテツは、無軌道に荒れていく。だが、そんなテツを見てリョウスケは、彼が「音楽に愛される人間」であることを見抜き、一方で音楽に愛されていない自分を嘆いて、ふたりの前から姿を消してしまうのであった。リョウスケの遺した言葉によって、自分が音楽の中に生きていける人間であることを悟ったテツは、ミサキの企画するDJイベント”Heavenz”に参加する。そして、DJイベントの成功をステップに、テツはDJの本場であるニューヨークへ渡ることを決心。人生の次なる到達点へ向けてスタートを切るのであった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1998年
製作国 日本
配給 べんてんムービー=「Heavenz」製作委員会
上映時間 86
公開日 1998年9月19日(土)公開
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する