「六三制愚連隊」(1960)

0点--
亡き父の遺産を父が愛し続けた女性に渡すため、日本にやってきた二世の少年・ヘンリー岡田。知人の紹介で聖トーマス高校に入学した彼は、学校をシキる土佐犬と呼ばれる乱暴学生が麻薬売買に絡んでいることを知る。そして父の愛した女の息子が、組織にかかわっていることも……。西河克己の青春アクションもの。

あらすじ

ある晴れた日、横浜に向けて派手なオープンカーを走らせているのはヘンリー・岡田、亡き父の国を訪ねた二世の少年であった。日本に来たのは、父が二十年間愛し続けた日本の恋人に遺産を渡すためであった。途中、ヘンリーは自転車を故障させた原マリ子という女子高校生と知り合った。マリ子はヘンリーが一目で気に入った。知人ウィリアムの紹介で、ヘンリーは聖トーマス高校に入学した。坊ちゃん学校ではあったが、通称土佐犬という乱暴者の学生がいて空気は不穏だった。ヘンリーは日本橋の料亭“ふじむら”に父の恋人志田かね子を訪ねたが、かね子は五年前に死んでいた。マリ子はこの料亭の一人娘で、かね子はマリ子の母の義妹だった。ヘンリーはかね子に文夫という子供のあることを聞き、文夫に遺産を渡す決心をした。住所不定の街の兄貴分である文夫をさがしていると、土佐犬、鉄ら不良の一味とけんかをして絵描きの神崎順平に助けられた。文夫の行先は知れなかった。一方ヘンリーの遺産をめぐって陰謀を企らむ土佐犬一味はパーティを開き、ヘンリーに麻薬入りのタバコを吸わせた。土佐犬も中毒にかかっていた。文夫はヘンリーに逢って自分の身を恥じたが、文夫の兄貴分であるジョージは文夫に麻薬売買を嗅ぎつけたヘンリーを殺すように命じた。ヘンリーは土佐犬を救いたいと思い、麻薬の探索にのり出した。ある夜、ジョージの手伝いで貨車荒し最中、ヘンリーに捕えられた土佐犬はヘンリーの厚い友情に涙を流した。一方ジョージの命令で、ヘンリーの手から土佐犬を奪った文夫は、鉄の拳銃がヘンリーを狙っていると知るや、身をもってヘンリーをかばった。そしてヘンリーや土佐犬を励まして警察に助けを求めた。ジョージ一味は残らず捕えられた。数日後、絵描きにあらず麻薬取締官の神崎順平、土佐犬、マリ子らに送られて、ヘンリーは近い再会を誓って日本をあとにした。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1960年
製作国 日本
配給 日活
チケット 前売りチケットを購入する