「早射ち野郎」(1961)

80点80
宍戸錠主演のおなじみウエスタン調アクション。ダム景気に沸く新開地にやって来たエースのジョー。折しも工事の事務所から現金が奪われる事件が続発していた。流れ者に絡まれたジョーは土地の有力者・三島に助けられるが、その三島は元刑事のジョーの兄を殺した犯人で、一連の事件の首謀者だった。

あらすじ

ダム景気に沸く新開地。エースのジョーがやってきた。彼の馬には血まみれの男、小平が乗っていた。ジョーは警官小田に小平を渡すからと賞金二十万円を要求した。小田はダム工事の事務所から給料を強奪した一味だった。小田は給料を運んだ運転手原がくるまで待ってくれといい、診療所に入れられた。ジョーはキャバレー“ブルー・スター”に行った。踊り子ジェーンが彼に一目ぼれした。流れ者の佐伯がジョーにからんだ。店のマスターで土地の有力者三島が仲に入っておさめた。翌日、ジョーは小学生の三郎と友達になり、それが縁で美人教師の令子の家に泊めてもらうことになった。小平が何者かに殺された。小田はジョーをくさいと思った。表で銃声が起った。三島が佐伯を撃ったのだ。ジョーが小田を助けて三島を逮捕した。小田はジョーから射撃を教えられ、彼を見直した。町から主任刑事の木村が原を連れてきた。原は小平と佐伯が犯人だといい、ジョーは賞金を受取った。またまたジープが襲われ、ボーナスが奪われた。犯人の一人は肩を撃たれているという。三島は犯人の隠れ家に案内するといった。ジョーのところに警視庁から手紙がきた。中には三島の写真が入っていた。三島は元刑事のジョーの兄を殺したことが分った。三島が逃亡した。診療所の真山医師が殺された。ジョーは単身三島の後を追い、隠れ家をつきとめた。ジョーは三島を新開地に追いつめた。小田に手柄をたてさせるために二人は対決した。ジョーは三島の呼んだ殺し屋を引受けた。−−工事場にはまた平和が蘇えった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1961年
製作国 日本
配給 日活
チケット 前売りチケットを購入する