「ハッカビーズ」(2004)

【DVD発売中】

46点46
スーパーマーケットの戦略騒動に哲学的な問いかけが絡み合う知的コメディ。誘致派と反対派のいがみ合いをユーモラスに描きつつ、それぞれが自分の存在の意味を問いかけるという、ユニークなドラマが展開する。いろいろと考えさせられるものがある、禅問答的なセリフを噛み締めるべし!

あらすじ

ハッカビーズ。それは、ありとあらゆる満足をお手ごろ価格で提供する、素敵なスーパーマーケット。ハッカビーズ社のエリート社員ブラッド(ジュード・ロウ)は、輝く白い歯とキラー・スマイルを武器にバリバリ仕事をこなす(イヤミな)成功者だった。水着姿でCMに出るキャンペーン・モデルの美女ドーン(ナオミ・ワッツ)のハートもつかみ、人生も絶好調! そんなある日、ブラッドが進めるハッカビーズ社新店舗建築計画に、オタクな青年活動家アルバート(ジェイソン・シュワルツマン)が噛みついた。ハッカビーズ社の開発から自然を保護しようと悪戦苦闘するアルバートだが、ブラッドのサクセスライフにジェラシーのちっぽけな炎をめらめら燃やしてしまう始末。そしてアルバートは、ブラッドに立ち向かう! …だがその前に「敵を知るにはまず自分から」と、<哲学探偵>夫婦に「ボクを探偵して欲しい」と、あさってな依頼をする。そこに探偵夫婦の長年の宿敵、クールでセクシーな謎のフランス人熟女・カテリン(イザベル・ユペール)が現れる。さらにアルバートの親友でエコロジカルな消防士トミー(マーク・ウォールバーグ)をも巻き込んだ、思いもかけない物語が始まるのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2004年
製作国
配給 ヘラルド
上映時間 107
公開日 2005年8月20日(土)公開
カテゴリ コメディ
チケット 前売りチケットを購入する