「捨て犬」(2005)

0点--
Vシネマの帝王・竹内力による劇場用映画初プロデュース作品。暴力と裏切りに満ちた裏社会を舞台に、本来の職務と極道の仁義との狭間で揺れ動く潜入捜査官の葛藤を描く。1000発を超える銃弾を使用した銃撃アクションの凄まじさに加え、出演者が全員男という硬派なドラマにも圧倒される。

あらすじ

それは、最も美しく、最も哀しい裏切りだった…。潜入捜査官としてヤクザ組織の中枢に潜り込んだ実直な警察官・谷原(野村祐人)。彼は、冷酷さの中にも一本筋の通った筋金入りの極道・神崎(竹内力)の寵愛を受け、次第に非道なヤクザ世界へ深く足を踏み込んでいく。ヤクザとして振舞うことにもなれ、警察官としての義務と神崎や組織に対する仁義との狭間で、やがて谷原は揺れ動く。一方、組織幹部の鬼頭(遠藤憲一)は、神崎の過去の失敗を根に持ち、神崎潰しの機会を虎視眈々とうかがっていた。そんな中、台湾マフィアの大掛かりな国際間取引が行われることになった。これを機に、組をのっとり神崎を葬り去ろうと画策する鬼頭。また、捜査の最終段階として、この取引を盗聴するよう警察上部より命じられた谷原。鬼頭の思惑に薄々気づきながらも、沈黙を守り続ける神崎。彼らの緊張が頂点に達したとき、あるアクシデントをきっかけに壮絶な銃撃戦が勃発、むなしい抗争の果てに、衝撃的な真実が次々と明かされていく……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2005年
製作国 日本
配給 RIKIプロジェクト=RIKI PROJECT
上映時間 81
公開日 2005年5月28日(土)公開
映倫 R15+
カテゴリ アクション
チケット 前売りチケットを購入する