「地獄〈1979年版〉」(1979)

50点50
強姦や近親相姦の罪を犯して、2代にわたって地獄に堕ちていく母娘。彼女たちを導き手にして、血の池、針の山、ケダモノになってうめく死者たちなど、グロテスクな地獄絵巻が展開する。脚本の田中陽造独特の、因果応報の見世物ワールドが卑俗趣味たっぷりに。

あらすじ

孤児院で育ったレーサーの水沼アキは、事故を起こして休養の旅の途中、生形幸男と知り合い、彼の生家、生形村を訪れる。そこにあった「金輪を回し、止まれば極楽、逆に戻れば地獄」と言い伝えのある笠卒塔婆に指をふれると、金輪は物凄い速度で逆回転をして地鳴りが起こった。足元が崩れ、そこに地獄が現われた。失神したアキの目に映じたものは、呪われたアキの出生の秘密と姦通の罪で地獄にのたうつ母の姿だった。この村はアキの生まれ故郷。アキは生形竜造と、弟雲平の嫁ミホとの間に生まれた不義の娘。竜造とミホは雲平に殺され、アキは竜造の妻シマによって孤児院に送られたのだ。竜造とシマの間には松男と幸男の二人の兄弟がいた。暫くして、失神したアキを見つけて介抱していた幸男の兄松男は彼女を抱いてしまう。アキの出現で平穏を保ってきた生形家に亀裂が生じた。亡き妻ミホの面影を求めて執拗に迫る雲平、アキの豊満な肉体が忘れられない松男。シマはアキがミホの娘と知ると、村人を使って強姦させようとするが、間違って養女の久美が犯されてしまう。そして腹違いの兄妹と知りつつ愛しあう幸男とアキ。「妹ひとりを地獄に行かせて、俺だけ逃げるわけにはいかない」アキと幸男は最も罪深い近親相姦に、最も至純な愛のかたちを見いだしたのだ。久美は焼身自殺をとげ、雲平はアキの引く三味線の音に誘われるまま崖から転落死し、シマは土牢の中でミイラとなった竜造の頭を胸に抱き、舌をかみきって死ぬ。20年前のミホと竜造と同じ崖道を進むアキと幸男。二人を追う松男と村人達。その時、頭上の岩が落下して松男達を襲った。山小屋で兄妹は抱きあう。そして山小屋が湖へ落ちていった。湖をどこまでも沈んでいくと、やがて闇が少しづつ晴れ、三途の川が広がってきた。阿鼻叫喚の地獄をめぐるアキ。そこにはシマ、久美、村人達、竜造と雲平、幸男と松男がいる。ついにアキは獣と化したミホと対面した。「母さん!」アキは叫ぶが母には我子の判別もつかない。母に声をかけた報いに、アキは足元から樹の幹に変っていった。そしてミホは桜の木になったアキに体当りをはじめた。ギシッと樹の幹が真二つに折れると玉のような赤子が産声をあげた。柔らかな朝の光のそそぐなか、その赤子は生を歓喜するように泣いていた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1979年
製作国 日本
上映時間 131
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する