「やくざの横顔」(1970)

0点--
4年前、兄の仇を討って父に勘当されていた本堂哲平は、数人の男に襲われたところを銀造に救われた。やりきれない気分の哲平は、ふと知り合ったりつ子を心のよりどころにしている。しかし、りつ子は銀造の情婦で、銀造は哲平を狙う殺し屋であった。内田良平が愛する女の幸せのために、自らの命を犠牲にする殺し屋をムードたっぷりに演じている。脇役にも焦点を当てたヤクザ・アクション。

あらすじ

本堂哲平は、横浜港に着いた。四年前、故郷若松で兄を殺した新和組幹部二人を射殺し、父太平から一年間の勘当を受けて、代貸堀田の知人・黒木の船に乗っていたのだった。勘当の期限に五日もあるため、哲平は早崎組に身を寄せた。父太平に連絡してもらうと、二度と若松へ帰るな、という冷たい返事だった。茫然とした哲平に、見知らぬ女・りつ子が声をかけた。早崎組に用のなくなった哲平は黒木の世話で船員ホテルへ移った。ある日、数人の男に襲われた哲平を、山田銀造が助けた。何か影のある銀造が哲平は気になった。ホテルに帰った哲平は早崎と新和組が結託している事を知った。暗い気持の哲平も、りつ子とのデートの時は明るさを取戻した。しかし、りつ子は銀造の情婦で、銀造は、新和組に雇われた殺し屋だった。やがて銀造からの挑戦状に応じた哲平は、相対したが、銀造は哲平に刺されて死んだ。りつ子と哲平の幸わせを願って、自ら命を落したのだった。哲平は、りつ子と銀造の墓に詣でている時、早崎組の竹田に不意討を喰い、傷を負った。りつ子の看護で哲平が回復した頃、若松では太平が新和組に寝返った不知火の政に殺された。それを知らせようとした堀田も、横浜駅で政に刺された。父と堀田の死を聞いた哲平は、涙と共に早崎組に殴り込んだ。早崎、園村、政らが哲平の怒りの白刃に倒れた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1970年
製作国 日本
配給 日活
チケット 前売りチケットを購入する