「無頼・非情」(1968)

0点--
藤田五郎は、ヤクザ三木本への義理から沢田を刺すが、三木本の非情なやり口を知り、賭場の金をさらって沢田の妻や子分とともに逃亡する。けれども、体力尽きて沢田の妻が倒れ、五郎は波止場で働きはじめるが……。

あらすじ

藤川五郎は、三木本への義理から沢田を狙っていた。その沢田は三木本の子分新関の短刀を脇腹に受け、五郎に妻亜紀のことを頼むと言い残し息をひきとった。やがて、沢田組がつぶれたのは、三木本のイカサマ賭博のためと知った五郎は、賭場から三百万円をわしづかみにすると亜紀のところへ走った。そして亜紀と子分久保を連れて熱海を出た。ところが、列車が横浜に近づいた時、亜紀が突然倒れた。五郎は亜紀を入院させると、波止場で働きはじめた。五郎はそこで昔仲間の相良に会った。一方、新関は五郎を追って横浜へ来ると、古賀に援護を求めた。そんな折、相良は彼の妻百合に五郎を紹介した。百合はすでに五郎の境遇について知っており心を痛めた。というのは彼女が古賀の妹だったからだ。ある日、五郎は波止場の近くのしストランで、ヤクザからいやがらせを受けていた恵子を救った。そんな折、沢田の弟健二が、五郎を襲った。五郎はその場を亜紀に救われたが、健二は五郎を兄の仇ときめつけ、古賀のところへ身を寄せた。その頃、古賀と新関は亜紀を病院からおびき出す計画をたてていた。亜紀を心配する健二は、姉には手をだすなと言い残し古賀組を去った。そうとは知らない五郎は、亜紀を、見舞いに訪れて驚いた。そこには亜紀のかわりに瀕死状態の久保と健二が横たわっていた。五郎は亜紀の危険を感じ、すぐさま古賀のクラブに乗り込んだ。相良と健二の加勢を得て、亜紀を取り戻したものの、亜紀は息をひきとってしまった。ちょうどその頃、健二が古賀の刃に倒れた。五郎の怒りは爆発した。古賀組に乗り込んだ五郎は、激闘の末、古賀を葬った。その顔は会心の微笑を浮かべていた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1968年
製作国 日本
配給 日活
チケット 前売りチケットを購入する